鍋料理を仕切る鍋奉行がいると「わずらわしい」vs「うれしい」どっち?

鍋料理を仕切る鍋奉行がいると「わずらわしい」vs「うれしい」どっち?
(SAHACHAT/iStock/Thinkstock)

この冬は強い寒気の南下により冷え込みが厳しく、北日本を中心に大雪にも見舞われている。寒さが厳しくなるほど、食卓に上がる定番メニューといえば鍋料理。

家族、友人、同僚など、みんなで一緒に同じ鍋を囲んで食事を楽しむことで、より一層人間関係を深めることもできるだろう。

■鍋奉行はわずらわしい?そこで、しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,328名を対象に、鍋料理を楽しむときに仕切る「鍋奉行」の印象について、調査を実施した。

鍋料理を仕切る鍋奉行がいると「わずらわしい」と思うか「うれしい」と思うか尋ねると、「わずらわしい」と答えたのは47.5%。一方で「うれしい」と答えたのは52.5%で、ほぼ互角となった。

鍋料理を仕切る鍋奉行がいると「わずらわしい」vs「うれしい」どっち?
(©ニュースサイトしらべぇ)

性別・年代別では、鍋奉行がいるとうれしいと回答した20代男性は32.6%と、全体平均より20ポイントほど低く、指図を受けたくないと思う人が多い。

逆に6割を超えたのは、50代女性の63.6%、60代男性の62.4%。誰も仕切る人がいないと年上にまかされがちになるため、シニア世代を中心に、たまにはほかの人に仕切って欲しいと思っているようだ。

鍋料理を仕切る鍋奉行がいると「わずらわしい」vs「うれしい」どっち?
(©ニュースサイトしらべぇ)

■料理の知識がないと甘えたい?鍋奉行がうれしいと思う人には、先に入れた方がいい食材など料理の知識がないので、知っている人にうまく作ってもらいたい願望もありそう。

寒波に加えて、インフルエンザや風邪の流行も気になるこの冬。野菜が不足しがちな冬場に、体が温まる鍋料理でバランスの取れた食事をとり、元気に乗り切りたいものだ。

・合わせて読みたい→「間違いだらけの鍋奉行」と、一流への道【マッキー牧元の世界味しらべぇ】

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2018年1月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら