古くは北海道や中国大陸にも進出 『越後長岡藩』『群亀』を造る関原酒造

古くは北海道や中国大陸にも進出 『越後長岡藩』『群亀』を造る関原酒造
(©ニュースサイトしらべぇ)

そもそもは長岡街道の街道筋に常陸国小山の庄屋が居を構え、年貢米を使って酒造りを始めたのが出発点。屋号は「常陸屋」だった。 

 ■健やかに長生きしてほしいとの願いを込めて長岡街道は、長岡から妙法寺峠を越えて出雲崎に至る道で、佐渡・相川の金を運ぶ北国街道と、参勤交代の通路・三国街道を結ぶ交通の要衝。比較的積雪が少ないこともあって、多くの人馬が行き交った。

こうした背景もあって造り酒屋は繁盛したらしく、慶応3(1867)年発行の「越後醸酒家一覧」には、常陸屋勝次郎の名があるという。

「常陸屋は代々小山姓を名乗っていたのですが、明治の頃、常陸屋の一人娘が外川家に嫁いだため、酒造りは外川家に引き継がれました。その頃の銘柄は『越之老松』で、現在の主要銘柄『群亀(ぐんき)』も同じ時期に誕生しています」

と語るのは、代表取締役社長の松原正人さん。 ついでに『群亀』のいわれについても説明してくれた。

「鶴は千年、亀は万年ということわざがあるように、亀は長寿の象徴です。その亀が群れをなしているのが『群亀』。この酒を飲んで健やかに長生きしていただきたい、との願いが込められているのです」

■大正時代には製造石数2500石以上
古くは北海道や中国大陸にも進出 『越後長岡藩』『群亀』を造る関原酒造
(©ニュースサイトしらべぇ)

明治時代には順調に業容を拡大したのだろう。中国新聞社による大正7酒造年度『全国醸造家相撲番付』には、製造石数2,552石で「西の前頭」に登場している。 その後も破竹の勢いは続く。

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2018年2月6日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら