内田前監督は「食事もノドを通らない状態」 大塚学長に「何言ってんの?」と呆れの声

内田前監督は「食事もノドを通らない状態」 大塚学長に「何言ってんの?」と呆れの声
(©AbemaTV)

しらべぇでも既報のとおり、学生フットボールの試合で起こった「悪質タックル」を巡る問題で、加害者である日大の当該選手、コーチ・監督陣に続き、25日に日本大学の大塚吉兵衛学長が緊急会見を行なった。

その中で、23日の会見後に心労のため入院したとされる、内田正人前監督の容態について明かされ、物議を醸している。

■内田前監督、点滴を打って会見に臨んでいた?大塚学長の口から「監督やコーチから、悪質なタックルをするよう選手に指示があったのか」について、真相が語られることが期待されていたが、核心を突く質問に対しては「存じていない」といった回答が目立った。

質疑応答の中で、入院中だとされる内田前監督の容態について問われると、大塚学長は以下のように説明。

「細かいことは承知しておりませんが…本当に、食事がのどを通らなかったと思う。(会見の)当日、話を聞いたところ点滴を打って会場に来た」

なお、大塚学長は会見の当日に内田前監督と短時間会ったことを明かしたが、会見の後は「会っていない」とし、現在の内田前監督の所在についても「存じていない」「関係機関の病院におられると思う」と語った。

■「そんなこと聞きたくない」「逆だろう」と炎上会見の冒頭から「謝罪の言葉を口にしながら、頭は下げない」や、「謝罪する意志があるのか」「これは何のための会見なのか」など、ネット上では疑問の声が上がる。

そんな中で、内田前監督の容態については、かなり神妙な面持ちで語った大塚学長。この様子に、「体調を崩しているのは学生のほうだ」や「そんなことは聞きたくない」といった、怒りを滲ませる声が相次いでいる。









また、「同情をひこうとする稚拙な態度だ」との厳しい指摘も。

■先の司会者の態度は「監督の体調を気遣っていた」会見の中で23日に日本大学で行われた会見の際、報道関係者に対して、会見を無理矢理切り上げようとする横柄な態度をとった司会者についての質問も飛び出した。

大塚学長は…

「同じような質問が繰り返されていたこともあり…内田前監督の体調を気遣っての態度でもあったと思います。早く会見を切り上げてあげようっていう…」

と、点滴を打って会見に臨んだとされる内田前監督の体調を気遣った面もあったのでは、と説明した。

24日には、学生らの声を受けて、日大アメフト部の父母会が緊急集会を行なったことも報じられている。いつ、誰の口から真相が語られるのだろうか。また、同校のトップである理事長が、今後どういった見解を示すのかも注目される。

・合わせて読みたい→日大会見、見苦しい言い訳に「リアル人狼ゲームか?」と呆れの声続出

(文/しらべぇ編集部・もやこ

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2018年5月25日のライフスタイル記事
「内田前監督は「食事もノドを通らない状態」 大塚学長に「何言ってんの?」と呆れの声」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    言わされてるんだろ。理事達の指示には、こいつは逆らえない。

    4
  • 匿名さん 通報

    安倍氏が自分のことしか考えていないように、日大のトップの人たちも考えていない。それで切り抜けられる体制が日本にはある。貧乏人はジャンクフードを食いながら働けという時代。

    3
  • 匿名さん 通報

    学長なら理事に逆らっても、正しい事を言ってほしかったね。

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。