鈴木奈々、業界好感度4位に輝きパンツ丸出しで狂喜 視聴者はドン引き

鈴木奈々、業界好感度4位に輝きパンツ丸出しで狂喜 視聴者はドン引き
拡大する(全2枚)
(©ニュースサイトしらべぇ)

25日に放送された『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日・ABC系)にて、「たまにはホメてよGP」企画を実施。業界内で愛される女性芸能人たちの「テレビ番組に起用され続けている理由」に迫った。

スタジオに集まったのは、川田裕美、小島瑠璃子、光浦靖子、藤田ニコル、鈴木奈々、遼河はるひ、ダレノガレ明美、横澤夏子、堀田茜、稲村亜美の10名。ご意見番として有吉弘行、田中卓志(アンガールズ)、狩野英孝も参加した。

■なぜ彼女らはテレビに出続けている?番組では業界スタッフ157名にアンケートを実施。彼女らの実力や人間性を「超いいね」「いいね」「どうでもいいね」の3段階で評価してもらい、「ホメられ番付」を作成した。

回答者からは、そのタレントに関する「ホメるべきポイント」についてのコメントも。どういった理由で業界スタッフから「一緒に仕事をしたい」と思われているのかを探る。

バラエティ番組への対応力といった実力面はもちろんのこと、ルックスや存在感(美人であればいいとも限らない)、礼儀や性格といった人格的な要素に至るまで、多角的な評価がなされた。

■鈴木奈々、4位にランクインし狂喜「テレビで観ない日はない」と言っても過言ではない彼女ら。そんな猛者たちのハイレベルな争いの中、「モデル出身のおバカキャラ」で愛される鈴木は4位にランクイン。かなりの健闘を見せた。

彼女を推すスタッフからは「モデル界の出川哲朗」「女性タレントという皮をかぶった女芸人」「アクションがオーバーなので画的に使いやすい」など大絶賛の嵐。

これには鈴木も「出川哲朗さんをものすごく尊敬しているので、(そう言ってもらえるのは)本当にすっごくうれしいです!」と破顔した。

■パンツ丸出しに視聴者はドン引き収録では、衣装のアクシデントでスカートのボタンが外れ、下着をはだけさせてしまった鈴木。オンエアでは修正処理が施されたが、これを「おいしい」と判断した鈴木はその後も「パンツ見せ芸」を連発した。

自身の順位が発表された際にも、鈴木は謎の小躍りで積極的に下着を露出して喜びを表現。これには視聴者も不快感をあらわにし、「下品」「怖い」「正直引いた」などの厳しい声が飛び交った。











■川田アナが大本命こじるりを抑え堂々の1位なお、業界好感度ナンバーワンに輝いたのは、大本命と見られていた小島ではなく、フリーアナウンサーとして活躍する川田(小島は2位)。58%の回答者から「超いいね」を獲得する、圧倒的な支持率だった。

その理由としては「アナウンサーとしてはもちろん、ひな壇やパネラーもこなせるオールラウンダー」「新人ADの名前まで覚えており、スタッフへの気遣いがすごい」「番組の事前アンケートに工夫を凝らして詳細に答えてくれる」などが挙げられた。

■実力と人間性はどちらも欠かせないしらべぇ編集部の調査では、「売れている理由がよく分からない芸能人がいる」と思っている人が非常に多いことが分かっている。なんと7割以上の人が疑問を感じていた。

鈴木奈々、業界好感度4位に輝きパンツ丸出しで狂喜 視聴者はドン引き
(©ニュースサイトしらべぇ)

どの世界でも「稼げる」人になるためには、実力のみならず人間性が重要と言われる。たとえどんなに能力があっても、発注する側に「一緒に仕事をしたい」と思わせなければ仕事は永久に回ってこないからだ。

そのため芸能人の場合、視聴者からの人気と業界内の人気は必ずしも比例しない。この事実を明確に視覚化してくれた、好企画であったと言っていいだろう。

・合わせて読みたい→鈴木奈々がすっぴん姿をアップ 意外なキャラ変が「美人すぎる」と話題に

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

この記事の画像

「鈴木奈々、業界好感度4位に輝きパンツ丸出しで狂喜 視聴者はドン引き」の画像1 「鈴木奈々、業界好感度4位に輝きパンツ丸出しで狂喜 視聴者はドン引き」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Sirabeeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク