オフコースのヒット曲にセクハラ疑惑? 現役弁護士が歌詞を徹底検証

       
オフコースのヒット曲にセクハラ疑惑? 現役弁護士が歌詞を徹底検証
(LDProd/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

2日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、「言われてみれば見たことのないものを調査した件 Part24」と題するVTRがオンエアされた。

この中で「名曲コンプライアンスチェック」なる調査が行われ、往年のヒット曲で歌われている歌詞を法的に検証。現代のコンプライアンス的にどう解釈できるのか考察していった。

■名曲の歌詞はセクハラの宝庫菊地幸夫弁護士の見解によれば、歌詞の内容をそのまま職場で部下などへ向け発言した場合、セクハラやパワハラに該当する可能性のあるフレーズが多数あるという。

最初のサンプルはオフコース『Yes-No』(作詞:小田和正/1980年)。「君を抱いていいの/好きになってもいいの」という一節が「セクハラですね、完全にアウトです」とのこと。

加山雄三『お嫁においで』(作詞:岩谷時子/1966年)では、「舟が見えたなら/ぬれた身体で駈けてこい」の部分が「海で水着になることを強要した場合パワハラになる。任意であればセーフ」だという。

さらに黒沢年男『時には娼婦のように』(作詞:なかにし礼/1978年)は、「時には娼婦のように/淫らな女になりな」という表現が売春防止法に引っかかると判断した。

■パワハラもはびこる伊東ゆかり『小指の想い出』(作詞:有馬三恵子/1967年)の「あなたがかんだ/小指が痛い」には暴行罪が適用される。仮に皮下出血などに至った場合は、傷害罪に当たる可能性もある。

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「オフコースのヒット曲にセクハラ疑惑? 現役弁護士が歌詞を徹底検証」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    本当に不毛な企画。

    3
  • 匿名さん 通報

    セクハラではなくただのイチャモン。

    2
  • 匿名さん 通報

    この記事は「この曲はセクハラ、あの曲はセクハラ」とセクハラを道具に使ったパワハラだろう?

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月3日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。