張本勲氏、J1リーグ清水 vs 神戸の乱闘を「よくあること」と容認し物議 関口宏の発言にも批判

張本勲氏、J1リーグ清水 vs 神戸の乱闘を「よくあること」と容認し物議 関口宏の発言にも批判
拡大する(全1枚)


25日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が24日のサッカーJ1・清水エスパルス対ヴィッセル神戸戦で発生した乱闘騒ぎについてコメント。その内容が、物議を醸している。

■清水対神戸で乱闘騒ぎ
問題のシーンは、異例の18分という長さになった後半アディショナルタイムに発生する。神戸のウェリントン選手が相手選手と激しく衝突し、これに清水側が激怒。もみ合いへと発展したのだ。

さらにウェリントン選手は主審から出されたレッドカードに激昂。詰め寄ったところを清水のゴールキーパー六反勇治選手が間に入り止めに入るが、ウェリントン選手は六反選手を投げ飛ばした。

この試合は主審の不手際が目立ち、選手はイライラしていたものと思われるが、この行動は不適切と言わざるを得ず、サッカーファンからはウェリントン選手と審判に猛批判が上がっていた。

■張本氏が「ありがちなこと」とコメント
この様子を見た張本氏は「フッフフフ」と一笑。ゲストの清水宏保氏が戸惑うなか、

「まあ、ありがちなことですよ。スポーツは瞬間的なね、ぶつかって…」

と容認するような発言。関口宏はJ1リーグの順位表を指差しながら、

「清水(7位)と神戸(11位)でしょ。別にそんなにエキサイトしなくてもいいのにと思ったけどな」

とコメントする。清水宏保氏は「喝は入れないんですか?」と張本氏に尋ねるが、「ハッハハハ、入れてくださいよ」と自嘲した。

■「私はよくやった」とコメント
やり取りを聞いた関口宏は「喝入れたほうがいいですよ。ああいうの。ハリさん入れないの?」と質問

「私はよくやりましたから、乱闘を」

と笑顔。暴力行為への批判などはなく、清水宏保氏も苦笑いするのみ。関口宏が「入れられないんだ」と結び、次の話題へと移った。

■発言に批判
乱闘に喝を入れなかった張本氏に、ネット民からは批判の声が上がっている。









張本氏はガッツポーズなど、「相手への礼節を欠く」と判断した行為にたびたび「喝」を入れる。そんな同氏が相手への暴力を容認するような発言をしたことは、やはり違和感を覚えてしまう。

■関口宏にも批判が
また、ネット民からは「7位と11位なのにエキサイトしなくてもいい」と発言した関口宏にも批判が。







■不用意な発言だった?
スポーツの世界で選手が熱くなり、乱闘になることは張本氏がいうようにたびたび発生することではある。しかしそれについて「よくあること」と容認するのは、不適切といわざるを得ないだろう。

相手への礼節を重んじる発言の多い張本氏にしては、不用意な発言だったかもしれない。

・合わせて読みたい→張本勲氏、米メジャーリーグ選手に苦言を呈し物議 「下手なのに練習をしない」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

編集部おすすめ

当時の記事を読む

張本勲のプロフィールを見る
Sirabeeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「張本勲」に関する記事

「張本勲」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「張本勲」の記事

次に読みたい「張本勲」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク