土田晃之とアンガ田中、相撲界の付け人制度をバッサリ 「調子に乗る人がより調子に乗る」

土田晃之とアンガ田中、相撲界の付け人制度をバッサリ 「調子に乗る人がより調子に乗る」
お笑いタレントの土田晃之が、大相撲の貴ノ岩の暴行問題を巡り、付け人制度について持論を展開した。

■貴ノ岩、暴力問題で引退

かつての暴力事件では被害者であった貴ノ岩が冬巡業中に、付け人である弟弟子を「忘れ物をしたことに言い訳をしたから」という理由で殴り、その責任を取って7日に引退した。9日に放送された土田がパーソナリティを務めるラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送)で、「付け人制度」について言及した。

■「調子に乗る人がより調子に乗る」

共演する『バイキング』(フジテレビ系)で取り上げた際、CM中にアンガールズの田中卓志が「付け人」について「これ、調子乗る人が、より調子に乗るシステムですよね」と話していたことを明かし、「本当、そうじゃないですか」と同調した。続けて、「昔、野球部で散々しごかれたから、あれで俺は精神的に強くなった」と話す人がいることについても触れ、「いやいや、違うって。そうじゃなかったら、もっと名選手になっていたかもよってのもあるわけだから」と主張した。

■相撲界のみに見られる「付け人制度」

また、「付け人制度って、どうなんだろう。『お前は今日からアイツにつけ』って言われたら、つかなきゃいけないんでしょ、24時間とかで。大変だよね」と同情を寄せながら、他のスポーツには見られない制度に疑問を呈す。「伝統の部分も残しつつって言うけど、どうすんですかね、これは」と余韻を残しつつ、締めた。付け人は主に、先輩の荷物を持ち、買い物に行き、体を洗い、夜も含め常に同行…、思い通りに動かなければ暴言や暴行も受ける。アンガ田中が言っていたように周りからチヤホヤされ身の回りの面倒なことは全て弟子がやってくれる…調子に乗っている者がより調子にのる環境ではないだろうか。

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。