元貴乃花、婚約者だった宮沢りえについて激白 「正面から聞けるのは瀬戸内寂聴だけ」

元貴乃花、婚約者だった宮沢りえについて激白 「正面から聞けるのは瀬戸内寂聴だけ」
拡大する(全1枚)
(画像は瀬戸内寂聴Instagramのスクリーンショット)2018年、もっとも世間を騒がせた人物と言えば、元貴乃花親方を思い出す人も多いだろう。そんな元貴乃花親方・花田光司氏が2日放送『新春しゃべくり007』(日本テレビ系)に登場。瀬戸内寂聴と対談して、かつての婚約者で女優の宮沢りえにテレビで初言及、大きな反響が起きている。

■元貴乃花と寂聴の初対談

波乱の1年を過ごした花田氏は、対面前、「静寂に包まれたような感じ。私の人生に役立つことをお教え願う」と心境を明かす。寂聴も「お会いしたかった」とにこやかに対談がスタート。「苦労なさいましたね」と昨年の騒動に触れた寂聴に、花田氏は「いつの時代も激動でやってきた。好きだったモノをひとつ失った」と本音を吐露。さらにディープな内容へと話題が移行していく。

■元婚約者・宮沢りえに言及

今後のこと、「まったく付き合いがない」母との確執、3人の子供についてなど、自分の言葉で赤裸々に語った花田氏。これからは「自分の楽しみのために生きろ」とアドバイスする寂聴に深く頷いた。さらに「もっとワガママになって。女なんてドンドンつくれ」と寂聴は助言、話題は花田氏の過去の恋愛に。歯に衣着せぬトークを繰り出す寂聴は、「宮沢りえと婚約した時、2人が手をつないでいた姿をはっきりと覚えている」と花田の元婚約者・宮沢に言及、これには流石に苦笑いを浮かべる花田氏。宮沢と親交の深い寂聴はさらに「今は好きな人ができて幸せ」と告げると、花田氏は「勝手にホッとします。じつはずっと…」とこれまで語られなかった宮沢への想いを初告白した。

■寂聴への称賛

1992年、未来の大横綱として目され「若貴フィーバー」を起こした貴乃花と、人気絶頂の宮沢の婚約会見が世間を賑わせる。もちろん翌年の破局はさらに大きく報じられた。その後、花田も宮沢も本件に関しては触れていない。周囲も「触れてはいけない」ものとしていただけに、それに触れ、本音を引き出した寂聴に称賛の声があがっている。

■花田の想い

破局後、芸能活動休止や拒食症による激ヤセなど、心身ともに傷ついていた宮沢だが、2018年にはV6森田剛と再婚し幸せな家庭を築き上げている。花田は言葉少なげに宮沢への想いを吐露したが、そこには喜びや後悔、さまざまな感情が入り混じっていたに違いない。一生語られることがない可能性もあった、破局した宮沢への想い。言葉は少なかったが、視聴者の心にも強く響いたのは間違いないようだ。

・合わせて読みたい→96歳・瀬戸内寂聴がロックすぎる フェスで若者に「お前ら1人残らず必ず死ぬ」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

編集部おすすめ

当時の記事を読む

宮沢りえのプロフィールを見る
Sirabeeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「宮沢りえ」に関する記事

「宮沢りえ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宮沢りえ」の記事

次に読みたい「宮沢りえ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク