ピンクレディー、当時の過酷すぎる労働に騒然 「ブラックすぎて笑えない」

ピンクレディー、当時の過酷すぎる労働に騒然 「ブラックすぎて笑えない」
(画像は未唯mie公式Instagramのスクリーンショット)11日放送の『歌のゴールデンヒット~昭和・平成の歴代歌姫ベスト100~』(TBS系)にデュオアイドルのピンク・レディーが出演。全盛期の多忙すぎるスケジュールと働き方に驚きの声があがった。

■1日の平均睡眠時間は45分

70年代に日本に大旋風を巻き起こしたピンク・レディーのふたり。超多忙な日々を送り、1日15本の仕事をしたこともあるほどの過密スケジュールだったという。次の現場まで移動中に高速道路で渋滞に巻き込まれることもしばしばあったのだが、そんなときは車をその場に乗り捨て、ハシゴで一般道まで降りてタクシーで現場まで向かったこともあったよう。それほどまでに忙しかったせいで、1日の平均睡眠時間は45分だったとのこと。仮眠しては仕事の繰り返しだったため、ふたりは「1日がどこからどこまでかわからなかった」「(時間の)切れ目がないので1日がすごい長い」と振り返った。

■傷口が開いたままの状態で…

そんな中、コンサート10日前に「ケイ」こと増田恵子が盲腸で緊急入院することになってしまう。その後の治療のため、傷口を閉じずに8cmほど開いたままの状態だった。医者も当然安静するよう告げていた。しかし、増田は「ファンが待ってるから!」とコンサートに出演することを決意。衣装が血膿で染みないよう、体にぐるぐるとラップを巻いて出演したという。スタジオから、体は痛くないのかと心配の声が相次いだが、増田は「本番以外は痛い」としながらもステージの上に立てば痛みもなくなると語った。

■「笑えない」「過労死しなくて良かった」

今では考えられないふたりの数々の伝説に、ネット上では驚きの声があがった。しかし、中には「笑えない」「いまなら大問題」と批判的な意見も目立つ。

■過労死するほど働いている人は…

1日の睡眠時間が45分になるほど多忙を極めたふたり。売れっ子の宿命ではあるが、過労であることには間違いないだろう。しらべぇ編集部が全国20~60代の就労者の男女686名に「仕事」に関する調査を実施したところ、20~30代男女の1割が「このままだと過労死すると思うほど仕事をしている」と回答している。
ピンクレディー、当時の過酷すぎる労働に騒然 「ブラックすぎて笑えない」
まさに伝説のアイドルとして駆け抜けたふたり。それほどまでに当時の世間がふたりを求めていたことがわかる。

・合わせて読みたい→元フィギュア五輪代表・小塚崇彦に別居報道 「テレビでも温度差あった」との声も

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日
対象:全国20~60代の有職者の男女686名(有効回答数)

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2019年2月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。