7歳女児への強制わいせつで逮捕の66歳男 判決に「また被害者出そう」と絶望

7歳女児への強制わいせつで逮捕の66歳男 判決に「また被害者出そう」と絶望
拡大する(全2枚)
(anurakpong/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)7歳の女児に対する強制わいせつ傷害などの罪に問われている66歳の被告の裁判員裁判で21日、長崎地裁は懲役7年の判決を言い渡した。この判決に、ネット上では怒りと絶望の声が広がっている。

■過去に2人殺害、計20年服役

しらべぇ既報のとおり、この男は1992年に、当時中学生だったふたりの女の子を殺害した罪で服役。その後、広島市で強制わいせつ事件を起こしており、2度目の服役中には、再犯防止プログラムも受講していた。

■ターゲットの「低年齢化」

そして今回、出所からわずか4ヶ月という短さで再犯。長崎市内の路上で女児にわいせつな行為をして、腰などにケガを負わせた。裁判のなかで、検察は「高齢で体力が衰えた中、性的欲求を満たすため抵抗できない幼い女児を狙っている」と指摘。ターゲットの低年齢化を厳しく糾弾し、懲役8年を求刑していた。

■「7年後の再犯待ったなし」

そして、くだされた懲役7年の判決。年数だけで見ればほぼ求刑通りだが、被告の行動にあまりに改善が見られないため、ネット上では怒りの声が噴出。・繰り返し性犯罪、それも少女に対して罪を犯す男に対して懲役7年は軽すぎると思います、二度と社会に出さないことが必要かと思います。・日本の刑罰は軽いと思うのと、こんな輩は一生刑務所暮らしかGPSを埋め込んで24時間監視するべきです・7年後にまた新たな被害者が生まれるのか・出てきたら再犯するやろ・罪なき女の子が心にトラウマを抱える。どうしてそれを防いではいけないのだろうなかには「7年後に再犯するだろう」と最悪の予想を立てる人の姿も見られる。

この記事の画像

「7歳女児への強制わいせつで逮捕の66歳男 判決に「また被害者出そう」と絶望」の画像1 「7歳女児への強制わいせつで逮捕の66歳男 判決に「また被害者出そう」と絶望」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Sirabeeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク