俳優・関口アナム、「アナム」という名前に30年間悩む 「必ず間違えられる」

俳優・関口アナム、「アナム」という名前に30年間悩む 「必ず間違えられる」
(画像は関口アナンTwitterのスクリーンショット)女優・竹下景子と写真家・関口照生の次男、俳優として活躍する関口アナムが、4日深夜放送『中居くん決めて!』(TBS系)で自身の名前についての悩みを吐露。大きな反響が起きている。

■30年間の悩み

アナムが30年間抱えてきた悩みは、本名でもある「アナム」について。じつはアナムと書いてアナ「ン」と読むのだが、スタッフや共演者から名前を間違えられることが多発、「そりゃ間違えるよな」と納得はしつつも、読みと文字をどちらかに統一すべきか悩み続けていると明かす。この日、芸名を「アナム」か「アナン」に変え、読み書きを統一することを決意、中居正広にどちらにすべきか相談した。

■由来、戸籍上は…

名前の由来は、ブッダの弟子・アーナンダ僧から。「母親を大事にする人だったのを父が気に入った」のだが、その父が「見た目はアナムのほうがカッコイイ。でも、響きはアナンのほうが締りがイイ」との理由で、思い付きでアナムと書いてアナンと呼ぶ名をつけたという。しかし、ここで驚きの事実が判明する。カナは漢字と違い「音を変えられない」という理由で、戸籍・パスポート上では「ANAMU」になっており、あくまでも「家族がアナンと呼んでいるだけだった」のだ。ただの愛称と判明し、中居は「アナムでアナムだよ」と呆れながら結論を導く。アナム自身が30年間呼ばれ、気に入っている「アナン」で統一するよう助言、「ムをンとか言ってんじゃねえよ」と苦笑いした。

■アナンに変更

アナムは芸名を関口アナンに変更。周囲からも間違えられなくなったことを喜んだ。アナンの父や家族のこだわりが招いた混乱に、視聴者の反応もさまざまだ。

■キラキラネームは規制すべき?

個性を強めたいという理由でも増加しているキラキラネーム。しらべぇ編集部で全国20~60代男女1,365名を対象に調査したところ、全体の39.5%が「『水=あくわ』などの珍名づけを法規制すべき」と回答している。
俳優・関口アナム、「アナム」という名前に30年間悩む 「必ず間違えられる」
親が子供につける名前には意味があり、個性は尊重されるべきだ。とはいえ、子供はあまりにも個性的なキラキラネームに苦しむ可能性もある。アナムにとっても「アナンと呼んでもらえない」ストレスは大きかったのだろう。今回の改名がその悩みからアナンを解き放ったに違いない。

・合わせて読みたい→関口宏、張本勲に「そういうこと言うとまた電話が鳴る」と異例のツッコミ その返答は…

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。