「まさか最後まで一緒に…」 イチロー選手が語る愛犬・一弓への思いに感動の声

「まさか最後まで一緒に…」 イチロー選手が語る愛犬・一弓への思いに感動の声
拡大する(全2枚)
(A8-dct/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)マリナーズのイチロー選手が21日に会見を開き、現役引退を表明した。その中で語られた愛犬・一弓への思いに反響が相次いでいる。

■弓子夫人に感謝

日米通算28年の現役生活を送り、会見で「後悔などあろうはずがない」と語ったイチロー選手。長きにわたって現役生活を支えた弓子夫人について質問されると、「頑張ってくれましたね。一番頑張ってくれたと思います」と感謝の思いを語る。ホームでの試合前には弓子夫人が握ったおにぎりを食べていたと明かし、その数は2,800ぐらいだったという。「3,000いきたかったみたいですね。3,000個握らせてあげたかった」と悔しさにじませ、「妻にはゆっくりしてもらいたい」とねぎらった。

■一弓の現在に「オレ頑張らなきゃな」

また、17歳7ヶ月の愛犬の一弓については「ことしで18歳になろうかという柴犬なんですけれども、さすがにおじいちゃんになってきて毎日ふらふらなんですけど…懸命に生きてるんですよね。その姿を見てたら、それは『オレ頑張らなきゃな』って。これはもうジョークではなくて本当に思いました」と語る。「2001年に生まれて2002年にシアトルの我が家にきたんですけど、まさか最後まで一緒に…ボクが現役を終えるときまで一緒に過ごせるとは思っていなかったので、これは大変感慨深いですね」とし、弓子夫人と一弓には「感謝の思いしかない」と話した。

■「泣いた」「ガチでグッときた」

イチロー選手から語られた一弓の現在に、ネット上では「生きていてよかった!」と声があがる。また、弓子夫人とともにイチロー選手を支えてきたことに「泣けてきた」「感動した」と涙する人もみられた。

■ペットの死に目には会いたくない?

ことし18歳を迎え、一生懸命生きている一弓。しかし、生き物である以上いずれは別れが訪れる。しらべぇ編集部が全国20~60代のペットを飼ったことがある男女892名に「ペットの死」について調査したところ、半数以上が「死に目には会いたくない」と回答。年代が上がるにつれてその傾向がみられた。
「まさか最後まで一緒に…」 イチロー選手が語る愛犬・一弓への思いに感動の声
メジャーでの現役生活を支えて続けてきた一弓。今後はイチロー選手と触れ合う時間がより増えるだろう。これからも一生懸命長生きしてほしい。

・合わせて読みたい→成長した羽生が謎を暴く? 『刑事ゆがみ』最終回の演技合戦にも期待

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代のペットを飼ったことがある男女892名 (有効回答数)

この記事の画像

「「まさか最後まで一緒に…」 イチロー選手が語る愛犬・一弓への思いに感動の声」の画像1 「「まさか最後まで一緒に…」 イチロー選手が語る愛犬・一弓への思いに感動の声」の画像2

当時の記事を読む

しらべぇの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「まさか最後まで一緒に…」 イチロー選手が語る愛犬・一弓への思いに感動の声」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    イチロー選手、国民栄誉賞をぜひ受賞してください。また一弓くん、18歳になるんだね。これからも元気でご夫妻を支えてあげてね。

    2
  • 匿名さん 通報

    柴犬は神の犬だ

    1
この記事にコメントする

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。