新元号ボツ5案が流出 「誰だ漏らしたの」「令和が一番いいけど…」と物議

新元号ボツ5案が流出 「誰だ漏らしたの」「令和が一番いいけど…」と物議
(ぱくたそ)新元号「令和」が発表され、日本中が湧いた昨日。「令和18年生まれがR18生まれと略されるのではないか」など、様々な点が話題になった。そんな中、候補にあがりながら不採用となった残りの案が判明し、ネット上で大きな注目を集めている。

■ボツ5案は以下のとおり

報道によると、新元号の選定作業で、政府が示した原案は6つ。採用された令和以外を並べると……「英弘(えいこう)」「久化(きゅうか)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」となる。

■「他の案と比較するのは適当でない」

しかし、昨日の会見にて、菅官房長官は「令和」以外の原案について、以下のようにコメント。「新元号が日本人の生活の中で深く根差すためには、他の案と比較するのは適当でないと考えており、決定されたもの以外の案については、その数も含めて差し控えたい」公式の発表を差し控えていた。

■「誰が漏らしたの」

ゆえに、報道を受け、ネット上では「誰が漏らしたんだ」「言う必要ある?」などの声が。「どこから漏れるんだ」「判明しちゃまずいじゃん。だだ漏れ」「誰が漏らしたんだろ笑」「これって明らかにする必要あるのか? 30年は隠したほうがいいんじゃないか」もっとも、「こう見ると令和が良いね」「他のを見て思った。令和は悪くない」など、比べることで新元号を好きになった様子の人も見られる。

■過去の元号は…


あわせて読みたい

気になるキーワード

しらべぇの記事をもっと見る 2019年4月2日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。