中川翔子、小学3年で父親が他界 休まず働いていた「母親の一言」に称賛の声

中川翔子、小学3年で父親が他界 休まず働いていた「母親の一言」に称賛の声
タレントの中川翔子が19日に自身のツイッターを更新。父・勝彦さんが他界したときの母親の言動を明かし、感謝の思いをつづった。

■「こんなときこそディズニーだ!」

中川が小学3年生ときに、白血病のため32歳の若さで他界した勝彦さん。休まずに働いてきた母親は「こんなときこそディズニーだ!」と貯金を崩し、中川が5年生になったときにフロリダのディズニーワールドに連れて行ってくれたという。中川は「ものすごい鮮烈だった! そこですごく泣いていた」と当時を振り返った。なお、中川はディズニー映画『塔の上のラプンツェル』でヒロインのラプンツェルを日本語吹き替えで演じているが、母親はとても喜んでくれていたという。

■母親の行動に称賛の声

貯金を崩し、フロリダまで行くほど思い切った行動をとった母親。投稿には「よかったね。泣けた」「母は強し」との声が寄せられた。「女手ひとつでフロリダのディズニーワールドに連れていったしょこたんのお母さんは、とても頑張り屋で素晴らしい人だよね」「お母さん、すごいね。母は強し。愛されてますな」「前向きで強いお母さんですね。親孝行出来てよかったですね」「東京でないとこがスケールでかい」

■母親に点数をつけるなら…

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,340名に「母親の点数」について10点満点で評価してもらったところ、平均は6.54点。「0点」が7.9%ほど存在するが、「10点」が約2割でもっとも多いことは喜ぶべきか。
中川翔子、小学3年で父親が他界 休まず働いていた「母親の一言」に称賛の声
(©ニュースサイトしらべぇ)勝彦さんの死を悲しむだけではなく、「こんなときこそディズニーだ!」と楽しむことを考えた中川の母。その気遣いと心意気によって中川の心も救われたに違いない。

・合わせて読みたい→中川翔子、「15分で描いたイラスト」の完成度がヤバすぎると衝撃

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,340名(有効回答数)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 中川翔子 twitter
  2. 中川翔子 結婚
中川翔子のプロフィールを見る
しらべぇの記事をもっと見る 2019年4月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「中川翔子 + twitter」のおすすめ記事

「中川翔子 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「中川翔子 + 結婚」のおすすめ記事

「中川翔子 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「神田沙也加」のニュース

次に読みたい関連記事「神田沙也加」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。