苦しみから逃れたい!  幼少期からのトラウマを抱える人たちの傾向とは…
拡大する(全4枚)
(©ぱくたそ)本人では対処することのできない著しい心的ストレス、「トラウマ」。引き起こされる原因は様々だが、幼少期に体験したトラウマが成長過程において、PTSD(心的外傷後ストレス)として表れることもある。酷い場合には人を信頼することができなくなり、誰にも相談することができず抱え込んでしまうケースもあるようだ。では、子供の頃からのトラウマがある人の特徴とは?

■全体の3割がトラウマを抱えている

しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1732名を対象に調査したところ、全体の30.1%が「子供の頃からのトラウマがある」と回答した。
苦しみから逃れたい!  幼少期からのトラウマを抱える人たちの傾向とは…
約3割の人が、現在もトラウマに悩まされているようだ。男女別にみると、男性が45.7%、女性が43.8%とあまり差がない結果に。

■女性は抱え込みやすい?

さらに、この結果を男女年代別で見てみると…
苦しみから逃れたい!  幼少期からのトラウマを抱える人たちの傾向とは…
全体でみると大差はなかったが、年代別でみると、若い世代では女性の割合が高いことが判明。突出していたのは30代女性で43.0%であった。一方、60代になると、男女ともに全体の1割という結果に。幼少期に近い年齢のほうが、トラウマを思い出しやすい…ということなのだろうか。

■トラウマを隠すために「嘘」も?

さらに興味深い調査結果が判明した。子供の頃からトラウマがあると答えた人の中で「嘘をつくのがうまい」とう調査を実施したところ、46.7%の人が「嘘がうまい」と答える結果に。

この記事の画像

「苦しみから逃れたい!  幼少期からのトラウマを抱える人たちの傾向とは…」の画像1 「苦しみから逃れたい!  幼少期からのトラウマを抱える人たちの傾向とは…」の画像2 「苦しみから逃れたい!  幼少期からのトラウマを抱える人たちの傾向とは…」の画像3 「苦しみから逃れたい!  幼少期からのトラウマを抱える人たちの傾向とは…」の画像4