近藤春菜、スマホのデータ通信量がヤバすぎると衝撃 「料金いくらになるの…」

近藤春菜、スマホのデータ通信量がヤバすぎると衝撃 「料金いくらになるの…」
(Farknot_Architec/ iStock /Getty Images Plus)ハリセンボンの近藤春菜が、16日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)でスマートフォンの月々のデータ通信量を明かし、ネット上で驚きの声があがっている。

■データ通信量は月200ギガ

番組では、ドコモが発表した「分離プラン」という新料金プランを特集。端末代を利用用金を分離することで、利用料金が最大4割ほど安くなるという。意見を求められた近藤は、「最大4割安くなるって言われても、自分の使い方によっては変わんないんじゃないの? とか…」と心配のよう。「私、月200ギガくらい使う…」と明かし、スタジオは騒然。MCの加藤浩次から「おい、使いすぎだろそれ」とツッコミを入れられてしまう。

■加藤から「とんでもない量だからそれ」

200ギガほど使用する理由について、「動画見たりとか、インスタグラムとかでも結構消費するんですよ」と説明するが、加藤は「マジで?」と反応。近藤も「あれ、みんな引いてる…」と驚く。加藤が「とんでもない量だからそれ。多い人でも30ギガあれば大丈夫っていうくらいなんだけど…」とコメントすると、近藤は「私、何見てんのかな?」と笑みを浮かべた。その後、新料金プランについて説明を受け、内容を理解しているか問われた近藤は「いま自分のギガ数をすごい振り返ってて、冷静じゃなかったです…携帯会社に行って(料金プランを)今一度見直そうって思いました」と語った。

■ネットでも驚きの声

200ギガという使用量に、ネット上でも「料金いくらになるの…」「どういう使い方したらそうなるの?」と驚きの声があがる。

■スマホがないと生きていけない?

動画やインスタグラムで日々スマホを活用している近藤。しらべぇ編集部が全国20~60代のスマホユーザーの男女914名に意識調査を実施したところ、3割が「スマホがないと生きていけないと思う」と回答。男女別・年代別で比較すると、とくに若い年代の女性にその傾向が見られた。
近藤春菜、スマホのデータ通信量がヤバすぎると衝撃 「料金いくらになるの…」
200ギガという驚異のデータ通信量がWi-Fiを含めてのものなのかどうかはわからないが、「使いすぎ」と思われても仕方がないほどの通信量なのは間違いないはず。料金プランを見直すとのことだが、脱デジタルの時間も必要なのかもしれない。

・合わせて読みたい→ワンオクTakaと近藤春菜がキス 「代わってほしい」と大興奮のファン

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代スマホユーザーの男女914名(有効回答数)

あわせて読みたい

気になるキーワード

しらべぇの記事をもっと見る 2019年4月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「加藤茶」のニュース

次に読みたい関連記事「加藤茶」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「間宮祥太朗」のニュース

次に読みたい関連記事「間宮祥太朗」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。