懐かしの「命」ネタを彷彿させる令和パネルが話題 小田急百貨店に聞いてみた

懐かしの「命」ネタを彷彿させる令和パネルが話題 小田急百貨店に聞いてみた
お笑いタレント・ゴルゴ松本の持ち芸「命」を彷彿させる令和パネルが、今話題だ。設置されている小田急百貨店新宿店を取材した。

■キッカケは平成パネルのヒット

懐かしの「命」ネタを彷彿させる令和パネルが話題 小田急百貨店に聞いてみた
小田急百貨店は、4月24日から30日まで、平成顔出しパネルを設置したところ、予想以上の大ヒット。一日1,000人がこのパネルでの顔出し撮影に訪れたという。改元のタイミングに「インスタ映えするスポット」として、SNS上でこのパネルで撮影された写真が、拡散された。

■令和はやらないの?

平成パネルで終了する予定だったが、平成パネルで撮影した人たちから「令和はやらないの?」という問い合わせが相次いだため、百貨店側は、急遽令和パネルの設置を決めたそう。今回のコンセプトは「点を残す」こと。平成は、漢字の点の部分を全てくり抜いて顔出しできるようにしたが、令和パネルは、点を残している。「ゴルゴの命を意識して作成したのか?」という質問に、広報担当は「それを意識した訳ではない」と答えた。

■令和で賑わうデパート

今回の改元は、世の中がおめでたい雰囲気に溢れている。小田急百貨店では記念に、老若男女問わず人気があるどら焼きが配られた。どら焼きは、「二つの生地が合わさる」ということで、縁起が良いと、結婚の両家顔合わせの際の手土産として用いられている。小田急百貨店の令和パネルの設置は、6日まで。デパートでの大人気企画「北海道物産展」も同時開催されており、大勢の買い物客で賑わっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

しらべぇの記事をもっと見る 2019年5月3日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。