ナイツ、解散危機を明かす 塙から「解散してもいいよ」と相方・土屋に相談

ナイツ、解散危機を明かす 塙から「解散してもいいよ」と相方・土屋に相談
(画像は TBSテレビ 宣伝部 公式Twitterのスクリーンショット)4日放送『人生最高レストラン』(TBS系)に浅草の漫才協会で副会長も務めるナイツの塙宣之、土屋伸之が登場。過去の解散危機を明かした。

■ナイツと浅草

2000年に結成、2002年に漫才協会に入会し同時期に内海桂子に弟子入り、浅草の舞台に立って17年になるナイツ。浅草の芸人でいえば芸歴は中堅ながら、漫才協会副会長を塙が、常務理事を土屋が務めている。そんな2人だからこそ、浅草には思い出が溢れていた。正月には師匠と浅草の街を練り歩き、新年の挨拶に何十軒も店舗を巡ってお年玉をもらう。最後に浅草の名店でウナギを食べるのが「毎年の最高の楽しみ」だと笑う。若手芸人にとってその店は高級店。それだけに、初めて後輩を連れて行ったときは「よくがんばったね。嬉しい」と店員が我が事のように喜んでくれるなど、地域に根付いた活動を現在まで続けていることが明かされた。

■結成直後の解散危機

実力派漫才師として高い評価を受け、ここまで順風満帆に芸人道を歩んできたようにも見えるナイツだが、コンビ結成直後に「解散危機があった」ことを語る。創価大学の落語研究会で出会った2人。塙の大学卒業後、土屋が4年生時にコンビを結成したのだが、その直後に塙がバイク事故にあう。「歩けなくなる」可能性もあった塙は、まだ大学4年生だった土屋には無理強いはできないと判断し、「今なら解散してもいいよ」と声をかけた。それでも土屋は「塙さんを待ちます」と約1年間、ひとりで営業をこなすなどして塙の復帰を待ち続け、ナイツは解散を免れたという。

■視聴者の反応は?

ナイツの人柄、過去が明かされていったこの日の放送。視聴者からもさまざまな意見が寄せられている。

■親友との出会いは「学生時代」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1357名を対象に調査したところ、全体の69.7%に親友がいると判明。さらに「一番の親友と出会った場所」は高校が約2割、それを含めて学生時代にほぼ「親友との出会い」を終えている。
ナイツ、解散危機を明かす 塙から「解散してもいいよ」と相方・土屋に相談
大学で出会い、コンビを組んだナイツ。コンビとして苦しい時期を乗り越えた2人は、これから先の生涯も一緒に歩んでいく「親友」でもあるのだ。

・合わせて読みたい→「M‐1王者」霜降り明星・せいやのお笑い魂が泣ける 「笑いでいじめを跳ね返した」過去

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20~60代の男女1357名(有効回答数)

あわせて読みたい

気になるキーワード

しらべぇの記事をもっと見る 2019年5月5日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ロバート」のニュース

次に読みたい関連記事「ロバート」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「とろサーモン」のニュース

次に読みたい関連記事「とろサーモン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「オードリー」のニュース

次に読みたい関連記事「オードリー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。