張本勲氏、「海外サッカーどうでもいい発言」に怒りの声殺到 取り上げた『サンモニ』にも批判

張本勲氏、「海外サッカーどうでもいい発言」に怒りの声殺到 取り上げた『サンモニ』にも批判
12日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏がUEFAチャンピオンズリーグについて独自のコメントを行い、怒りの声が殺到するシーンがあった。

■海外サッカーは「どうでもいい」

番組ではUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第2戦、リバプール対バルセロナの一戦を放送。第1戦終了時に3点差をつけられていたリバプールが、トリックプレーなどを用いて4-0で勝利し、逆転で決勝に進出した様子を紹介する。サッカーファンの間では「史上最大級の逆転劇」と称され、興奮した人も多かったこの試合。ところが張本氏はダイジェストを見ると、「メッシのチームは負けたんだ。まあ、果てしない遠い国のサッカー。どうでもいいじゃない」と一言。慌てた関口宏が「いやいやいや。一応結果だけ」と諭した。

■金石昭人氏が場を和ませるも…

少々雰囲気が悪くなるなか、空気を変えたのは元広島・日本ハムで活躍した野球解説者の金石昭人氏。リバプールがコーナーキックの際、キッカーが代わると見せて自分が蹴り込み、得点を取るというトリックプレーに触れ、「トリックプレーに僕はあっぱれですね。ボールから目を離しちゃいけないんですよね。(金石氏が)敬遠のボールを打たれたのと一緒で…。集中してないといけないですね」と笑わせ、場を和ませる。ところが関口が「決勝は両方イングランドなんだね、強いんだね」とコメントすると、張本氏は「どうでもいいよ」とバッサリ。早々に次の話題へと移ることになった。

■ファンから怒りの声

番組ではお馴染みとなりつつある「海外サッカーどうでもいい発言」だが、サッカーファンからは発言や番組の演出に怒りの声が殺到している。

■コメントの説得力にも影響

張本勲氏はアメリカ・メジャーリーグを始め、海外サッカーなど日本以外の国で行われているスポーツに興味を示さない傾向が強い。それについて「どうでもいい」と発言することもしばしばで、その姿勢がコメントの説得力を下げてしまっている印象だ。しらべぇ編集部が、全国20~60代の張本氏を知る男女954名を対象に「張本氏のコメントは正しい」と思うか聞いた調査では、残念ながら8割が「正しいとは思えない」と考えていることがわかっている。
張本勲氏、「海外サッカーどうでもいい発言」に怒りの声殺到 取り上げた『サンモニ』にも批判
野球界のレジェンドとして鋭い指摘をすることもある張本氏だけに、この割合は非常に残念。そして興味のないスポーツを「どうでもいい」と吐き捨ててしまう姿勢も、残念でならない。

・合わせて読みたい→上原浩治投手、張本勲氏に「メジャーのこと全然喋らない」と喝! 番組にも苦言で「あっぱれ」殺到

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の張本勲氏を知っている男女954名(有効回答数)

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2019年5月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。