「頭の中が丸見えになる装置」に賛否両論 「つまりこれは…」と妙案ひらめく人も

「頭の中が丸見えになる装置」に賛否両論 「つまりこれは…」と妙案ひらめく人も
(noipornpan/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)27日、テレビ東京系でWBS(ワールドビジネスサテライト)が放送。教育現場での新たな取り組みが紹介されたが、その内容にネット上では賛否の声があがっている。

■集中しているか、いないかわかる

同日、東京大学と日立系のベンチャー企業『NeU』が共同で行っている実証実験を紹介。その内容とは、ヘアバンドのような装置をつけると物事に集中しているかいないかがわかる、いわば「頭の中が丸見えになる」装置だ。装置が発する特殊な光で脳の働きを読み取り、今回は生徒が授業に集中して受けているかを観察。生徒が集中している時は赤、していない時は青で、教師の手元にあるパソコンに表示されるという。

■生徒からは…

実際に装置をつけていた生徒からは、「特に違和感はない」「見られているという感覚があるのでちゃんと受けなきゃと集中してやっています」というような声があがっている。開発した教授は「教師側の授業改善につながり、一方で生徒は自分の学習している状態がどうなのか自分で知ることができる」と特徴を語る。今後はストレス・介護の現場での応用も検討しているという。

■賛否の声分かれる中…

今回の装置が紹介されると、ネット上では賛否が分かれた。賛成派では、このような声があがった。「理解できない生徒が悪い、ではなく、分かりづらい先生の授業のクオリティを上げる方向に向かって欲しい」「教師の授業の質を測る用途であればいいと思いますが」「まぁでも使いみちは色々ありそう」一方、否定派の意見はを見てみると…「集中していない生徒を叱るためのものなのか、授業を改めるためのものなのか」「こわい」また、全く違う角度から使い方を考えた人も。「つまり睡眠に集中すれば赤」「これは政治家の頭に付けておきたい」

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2019年5月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。