悲喜こもごもだった2019年の10連休 「来年も欲しい」か聞いてみると年代で意識に差が…

悲喜こもごもだった2019年の10連休 「来年も欲しい」か聞いてみると年代で意識に差が…
拡大する(全3枚)
(Hakase_/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)2019年も早いもので、6月に入った。つい1ヶ月前は10連休があったが、今月は祝日がないだけにテンションが下がってしまう人もいるはずだ。10連休に入る前は様々な懸念事項が囁かれたものの、重大なトラブルは発生せず。むしろ、楽しんだ人が多かったようで、なかには「これからは毎年10連休が欲しい!」と訴える人もいるほど。一方でサービス業従事者などからは「もう二度と勘弁してほしい」との声も聞こえてくる。

■来年も10連休が欲しい?

しらべぇ編集部では全国の10代~60代の男女1,721名に10連休について意識調査を実施。
悲喜こもごもだった2019年の10連休 「来年も欲しい」か聞いてみると年代で意識に差が…
結果、「来年も10連休が欲しい」と答えた人は31.5%。休みが長いと、その分仕事にしわ寄せがくる。10連休前後、普段の倍以上の仕事量をこなした人も多かっただけに「もう勘弁してほしい」と思っている人が多いようだ。

■若者は連休を欲している

「来年も10連休がほしい」と答えた人を年代別に見ると傾向が。
悲喜こもごもだった2019年の10連休 「来年も欲しい」か聞いてみると年代で意識に差が…
10代の割合がかなり高く、60.7%となっている。学生の多い世代は、仕事のしわ寄せが関係ないだけに思いっきり遊ぶことができる。来年も10連休がほしいと考えるのは当然か。一方60代以上は18.0%と極めて低い割合に。こちらも10代同様定年退職などで仕事をしていない人も多いと思われるが、どこに行っても人が多く、ざわざわとしている連休を好まない傾向が強いようだ。

この記事の画像

「悲喜こもごもだった2019年の10連休 「来年も欲しい」か聞いてみると年代で意識に差が…」の画像1 「悲喜こもごもだった2019年の10連休 「来年も欲しい」か聞いてみると年代で意識に差が…」の画像2 「悲喜こもごもだった2019年の10連休 「来年も欲しい」か聞いてみると年代で意識に差が…」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Sirabeeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク