立憲から参院選に出馬! 「筆談ホステス」斉藤りえ元区議に独占インタビュー

立憲から参院選に出馬! 「筆談ホステス」斉藤りえ元区議に独占インタビュー
著書『筆談ホステス』がベストセラーとなってドラマ化され、東京都北区で区議会議員も務めた斉藤りえ氏。今夏の参院選には、立憲民主党から比例区で出馬予定だ。今回は、手話通訳を交えて、独占インタビューした。

■「当事者視点の政治」を

———ホステスから政治を志すようになったキッカケは?「ホステスも政治も、人としっかりと向き合いながら、コミュニケーションを図っていく点ではとても似ていると思います。そういう意味では、お客様を通じて社会における課題などを学ばせていただき、私自身の境遇と重ねながら、やはり政治の場から社会を豊かにしていくべきだと感じるようになったからです」———選挙では何を訴えていくつもりですか?「選挙で訴えていきたいことは、多くありますが、一番は「当事者の視点を持った政治」です。障害に限らずですが、当事者の視点を持った政治の実現は難しい現状があります。しかし、福祉施策などにおいては、障害当事者の持つ視点は、高齢者福祉や児童福祉など、様々な政策に活かせます。そういう観点から考えると、今の国会に、障害当事者がいないこと現状を打破したいなと思っています」

■福祉、女性、教育政策も

———参院議員になったら、どのような政策に取り組みますか?「様々な福祉施策はもちろんのこと、私自身が子育てをしているシングルマザーですので、ひとり親支援や女性の社会進出などにも積極的に携わっていきたいと考えています。また、これは、すべての分野において不可欠な、教育政策にも力を入れて、多様な価値観を認め合う次世代の育成に取り組みたいと考えています」

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2019年6月9日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。