埼玉・36人感染の集団食中毒 原因となったウェルシュ菌の予防法は?

埼玉・36人感染の集団食中毒 原因となったウェルシュ菌の予防法は?
(提供 東京都健康安全研究センター)食中毒が起きやすい季節になっている。しらべぇ編集部は、つい先日、小学校で育てたじゃがいもによる食中毒を取材したばかりだが、今度は埼玉県春日部市で起きた。この件の原因を探るべく、関係各所から話を聞いた。

■病院の給食を食べて…

埼玉県庁食品安全課によると、12日春日部市の春日部中央病院の職員から「早朝から入院患者32名が下痢の症状がでている。発症者全員が病院の給食を食べているので、食中毒の疑いがある」との通報が入った。そのため施設を所管する春日部保健所が調査を開始。食中毒にかかったのは36名(男性14名、女性22名)で、いずれも入院患者だが、全員が快方に向かっているという。そして県は、患者19名及び調理従事者1名の便からウェルシュ菌が検出されたこと、そして患者の共通食が、原因施設で提供された食事に限定されることなどから、ウェルシュ菌が原因による食中毒と断定し、16日から18日まで3日間、病院に対して給食停止命令を出した。

■熱に強い性質も

埼玉・36人感染の集団食中毒 原因となったウェルシュ菌の予防法は?
(提供 東京都健康安全研究センター)ウェルシュ菌は土壌などに広く分布する菌で、人や動物の腸管にも存在する。この菌は熱に強い「芽胞(がほう)」と呼ばれる形態をとり、100℃の加熱でも死滅しない。カレーやシチュー等を大鍋で大量に作る場合、他の細菌は死滅してもウェルシュ菌の芽胞は生き残る。調理後に適切に冷却せず放置すると、40℃~50℃で急速に増殖して食中毒の原因となるそう。「給食用のスープ」「前日に調理したカレー」など、大量に作ったり、作り置きした食品は特に注意が必要。感染すると、6~18時間の潜伏期間の後、菌が作る毒素により下痢や腹痛を起こす。一般的に症状は軽く、多くは1~2日で回復する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

しらべぇの記事をもっと見る 2019年7月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「感染症」のニュース

次に読みたい関連記事「感染症」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ノロウイルス」のニュース

次に読みたい関連記事「ノロウイルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「脳梗塞」のニュース

次に読みたい関連記事「脳梗塞」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら