船橋市職員が酒気帯び追突事故で逮捕 4月から病気休職中だったことも判明

船橋市職員が酒気帯び追突事故で逮捕 4月から病気休職中だったことも判明
(Tomasz Majchrowicz/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)先週は千葉県の企業局の職員が、盗撮と置き引きで立て続けに逮捕された。今度は、千葉県船橋市の職員が事件を起こした。しらべぇ取材班は、船橋市役所を直撃。

■「酒は抜けたと…」

千葉県警習志野署は11日、道交法違反(酒気帯び運転)と自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで八千代市八千代台に住む、船橋市の主任主事の男(42)を現行犯逮捕した。容疑は同日午後2時ごろ、習志野市の県道で、酒気帯び状態で乗用車を運転し、信号待ちで停車中の会社員男性(55)の乗用車に追突し、男性の妻(47)の首に軽傷を負わせたもの。同署によると、男は「10日に家でひとりで飲んだ。酒は抜けていると思っていた」などと供述。男性の110番通報で駆けつけた署員が呼気検査し、基準値以上のアルコールが検出されたという。
関連記事:東日本大震災の支援金が「職員のミス」で被災者に届かず ネット大炎上

■4月から休職中だった

船橋市役所職員課によると、男は自治振興課所属で、町内会の担当だった。男に過去の処分歴はないが、4月から病気が理由で休職していたという。7月に復帰に向けた話し合いが行われたが、現時点では不可能という判断になったそう。船橋市では飲酒による事故の場合、停職か免職の処分がくだるという。船橋市の総務部長は、「市職員が逮捕されるという事態が発生したことは、誠に遺憾であり、市民の皆様に深くお詫び申し上げる。事実関係が明らかになり次第、厳正に対処する」

あわせて読みたい

気になるキーワード

しらべぇの記事をもっと見る 2019年8月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「監禁」のニュース

次に読みたい関連記事「監禁」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら