元AKB48・西野未姫、初対面のスタイリストから「ブス呼ばわり」に憤慨

元AKB48・西野未姫、初対面のスタイリストから「ブス呼ばわり」に憤慨
(画像は西野未姫Instagramのスクリーンショット)下積み中の女性タレントたちがヤバい話をぶっちゃけ、「本気で訴えたら慰謝料はいくら取れるのか?」番越しに相談・検証するバラエティ番組『ヤバい話のHow much?』(テレビ朝日系)。14日深夜放送回では元AKB48西野未姫が、スタイリストから「ブス呼ばわり」され傷ついたエピソードを披露した。

◼初対面で「ブス」

初対面の女性スタイリストから「ブス呼ばわりされた西野。スタイリストは「ブス、ちょっとこっち来て」「ブスだから似合わないね」と撮影中ずっと西野に罵声を浴びせ続けてきた。西野も怒らずに「ブスじゃないですよ!」とそれに乗っかり場を盛り上げようとしたが、周囲はスタイリストの暴言にドン引き。「自分までスベったようになった」と憤る。
関連記事:元AKB48・西野未姫が『さんま御殿』で尼神インターを「ブス呼ばわり」 「失礼」の声殺到

◼弁護士の判断は…

これまで同番組では弁護士からの賛同を得られず、慰謝料はゼロやマイナスが大半だった西野。今回は「精神的苦痛」を理由に「50万円ぐらい」の慰謝料を取れるか相談する。人格非難、侮辱罪になる可能性があるとして2~3万円の慰謝料を請求できるという弁護士2人。もうひとりは「言う必要がないのに言うのは悪質性が高い」と西野の請求通り50万円を提示。西野のキャラクターだから「ブスいじり」が許されるということはなく「法のもとに平等」と弁護士は指摘した。

◼西野はブス?

イジられキャラの西野とはいえ、初対面でブス呼ばわりは無礼としか言いようがない。視聴者からもさまざまな意見が寄せられている。とはいえ西野は以前から「ブス」といじられがち。テレビ出演を果たす度にネットでも容姿について言及されることが多かった。スタイリストもこういったネット上の感覚でブスいじりの発言をしたのかもしれない。

◼6割強「イジりはイジメ」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女の男女1,342名を対象に調査したところ、6割以上が「イジリはイジメだと思うことがある」と回答している。
元AKB48・西野未姫、初対面のスタイリストから「ブス呼ばわり」に憤慨
イジりとイジメの境界線は難しい。今回の西野のような場合は、スタイリストはイジりと主張するかもしれないが、客観的にみれば「イジメ」と言えるのではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1.342名(有効回答数)

あわせて読みたい

気になるキーワード

しらべぇの記事をもっと見る 2019年8月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。