のんの楽屋に侵入しようとした男 「のんさんに会いに来た」と驚異の供述

のんの楽屋に侵入しようとした男 「のんさんに会いに来た」と驚異の供述
拡大する(全1枚)
お盆休みの最終日となった18日午後、福岡県大野城市の施設内である事件が起きた。詳しい状況をしらべぇ取材班は福岡県警と会場に聞いた。

■「のんさんに会いに来た」

福岡県警春日署は18日、建造物侵入容疑で長崎県大村市居住、無職の男(56)を現行犯逮捕した。容疑は同日午後0時半頃、福岡県大野城市の「大野城まどかぴあ」に侵入した疑い。署によると、男はチケットを持っておらず、黒のスーツに白のワイシャツを着て関係者入り口から侵入。楽屋前で声を掛けられた際には「出演者だ」と嘘をついたが、イベント会社役員の男性(59)が取り押さえ、警察に引き渡した。当時、女優・のんが出演する舞台「私の恋人」の開演直前であり、男はのんには、会っていないという。
関連記事:プールの女子更衣室に高校生が侵入 「女性の着替えが見たかった」

■市の所有施設

大野城まどかぴあは、市の所有の施設で、指定管理者が施設の管理・運営を行っている。舞台「私の恋人」は、17日と18日の2日間開催された。のんのほかに、女優の渡辺えりや俳優の小日向文世が出演。たくさんの役柄を少人数で演じきるという手法に挑み、性別を超えて30の役をたった3人で演じるということで注目された舞台だ。大野城まどかぴあは、しらべぇ編集部の取材に対して、「犯人を取り押さえた方や警察への連絡を行ったのも、すべて主催者で舞台は予定どおり上演した。まどかぴあとしては、事件の詳細を把握していない」と述べた。

■リスクと隣り合わせ

ネット上では、芸能人のリスクに対して色々な意見があがっている。「芸能人はこういう気持ち悪いのが発生するリスクが高いのは大変だなぁと思う」
「こういう事があるから警備員は必要だね」
「残念だけど、性善説は棄てて出入口の監視は徹底する必要がありますね」
「f単純にファンなのかもしれないが、これはもうアウト。1つ間違えると大事になりかねない」
何かあったら、舞台の開催が危ぶまれた事態。主催者、ファンにとって、迷惑極まりない行為といわざるを得ないだろう。

(文/しらべぇ編集部・おのっち

編集部おすすめ

当時の記事を読む

Sirabeeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク