自民・宮川典子衆院議員が死去 熱く語ったPMS・教育改革への思い

       

文科政務官という、まさに教育行政の中核に在職していた当時にもかかわらず、「本当に6-3-3-4制を守らないといけないのか、私の中ではずっと疑問です」「『◯歳で学校を卒業したか』などというものは、人の能力を図る尺度として信用に値しません。これは、生徒たちが彼らの生き方で実証してくれたことです」など、進歩的な見解を述べたことについて質問した回答が、上記の言葉だった。

■PMSをライフワークに

自民・宮川典子衆院議員が死去 熱く語ったPMS・教育改革への思い
また宮川さんは、月経関連疾患(PMS)を政治家としてのライフワークにしていた。街頭演説でも月経のことについて語っていたところ、女子高生からおばあさんまで足を止めて話を聞いてくれたことを嬉しそうに語り、「声なき声というのは、こういうところにあるんだな、と。今まで光が当たっていなかったところに光を当てることが、政治の役割だと痛切に感じました」
と話していた姿が忘れられない。

■「典ちゃん」と呼ばれ

山梨県から国政に挑戦した女性は、宮川さんが初めてだった。教鞭をとったのが自らの母校ということもあり、生徒たちは「生徒であると同時に後輩」という立場。「『宮川先生』じゃなくて『典子先輩』『典ちゃん』と呼ばれる距離感が続いているのは、地元で教師をやっていた強みでしょうね」と、地元や子供たちに密着する姿勢を貫いていた。教育改革も道半ばに病魔に倒れた宮川さん。冥福を祈りたい。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

しらべぇの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。