特別支援学校の教諭が生徒をひざ蹴り 「生徒が寄ってくるのでやった」

特別支援学校の教諭が生徒をひざ蹴り 「生徒が寄ってくるのでやった」
(kuppa_rock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)熊本県教育委員会は23日、県立熊本支援学校(熊本市)で、20代男性の常勤講師(臨時的任用教諭)が中学部2年の男子生徒の下腹部をつかんだり暴言を放ったりするなど「不適切な行為」を繰り返していたと発表した。この教諭は、この事案を校長に報告しておらず、隠蔽を図ろうとしていた疑いがあることが取材でわかった。

■「くさい、あっちいけ」

県教委よると、教諭は6月~10月の間、生徒の股間を握ったり、尻をひざで蹴ったり、荷造り用のテープで手を縛ったりした。こうした行為があったことを生徒の担任が知り保護者に報告。この学校では複数の教諭が同じ教室で同時に指導にあたることが多いという。こういった行為は、この教諭が一人で指導している間に行われた。教諭はこの事態を校長に報告しておらず、担任から報告を聞いた保護者が学校に10月11日に電話連絡し、発覚。学校は15日に教委に報告。教諭は学校の聞き取りに事実関係を認め「生徒がかまってほしくて寄ってくるのでやった」などと説明したという。また、授業中や休憩時間などに「くさい」「迷惑」「あっちにいけ」などと言っていたことも確認した。県教委と同校が同日、保護者説明会を開き校長が謝罪。校長は「教員として許されない行為で深くおわび申し上げる」と述べた。教諭は現在謹慎中のため、この間の給与を支払われるという。今後、教委が本人から聴取を行い、処分を決める。

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2019年10月25日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。