早朝作った弁当を夕方配達し食中毒 「処分甘すぎ」の声に県庁の答えは…

早朝作った弁当を夕方配達し食中毒 「処分甘すぎ」の声に県庁の答えは…
(akiyoko/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)三重県松阪市の飲食店で作られた弁当を食べた男女7人が、黄色ブドウ球菌による食中毒を発症。県は7日付けで店を営業禁止処分にしたと発表した。しらべぇ取材班は、三重県から詳しい話を聞いた。

■6名を救急搬送

県食品安全課によると、3日22時40分頃、松阪地区広域消防組合消防本部から松阪保健所へ、 食中毒症状の6名を救急搬送するとの通報が入った。松阪保健所が調査したところ、患者らは同日松阪市内の飲食店で調理された弁当を食べており、 当該弁当を食べた21名中7名が同様の症状を呈していることが判明。同保健所は、患者7名の共通の食事が他にないこと、患者2名の嘔吐物および弁当の残品から黄色ブドウ球菌が検出されたこと、診察した医師から食中毒の届出があったことから、当該施設が提供した食事が原因の食中毒と断定。7日付けで松阪市京町の弁当店を営業禁止処分とした。 なお、患者は全員快方に向かっているという。
関連記事:京都で72人の集団食中毒が発生 これからの季節の予防方法を保健所などに聞いた

■「処分が甘すぎる」の声も

弁当店は、朝80食の弁当を作り、うち21食の「しぐれ丼弁当」(白飯、錦糸卵、牛しぐれ、ねぎ)を発泡スチロールに入れて、常温保存し、夕方配達を行っていた。残りの弁当は店頭で販売。また、同店は3年前にもO-157が原因の食中毒があり、営業禁止処分を受けている。2回目の食中毒が発生したことに対して、ネット上では「処分が甘すぎる。営業を取り消すべき」との声もあがっている。こういった声に対し食品安全課は、「食品衛生法で禁止されている生レバーを出すなどの悪質行為があれば、営業取り消しもあり得る。しかし今回は、前回と違う種類の食中毒であり、『管理方法が適切ではなかった』という過失の部分が大きいと考えている」と述べた。さらに、「今回の処分は、期限を決めずに店側に対する立ち入り検査や十分な食品安全研修を行い、これで大丈夫と判断できた時点で処分を解除する」としている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

しらべぇの記事をもっと見る 2019年11月8日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「感染症」のニュース

次に読みたい関連記事「感染症」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ノロウイルス」のニュース

次に読みたい関連記事「ノロウイルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「脳梗塞」のニュース

次に読みたい関連記事「脳梗塞」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。