パトカーなど23台に衝突した無職の女 警察は「責任能力の有無を今後判断」

パトカーなど23台に衝突した無職の女 警察は「責任能力の有無を今後判断」
(EmilySkeels/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)新潟県警新潟東署は9日午後1時49分に、山形県置賜郡小国町に住む無職の女(36)を、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。しらべぇ取材班は、新潟東署などから話を聞いた。

■少なくとも23台に当て逃げ

9日午後1時48分ごろ、新潟市東区長者町地内の交差点において、新潟署のパトカーに自ら運転する車両を衝突させて、公務の執行を妨害した疑いが持たれている。女は、新潟市内で、少なくとも23台に当て逃げ。パトカーに囲まれたが、車をぶつけて逃走を図るも、警察官が車の窓ガラスを割り逮捕。調べに対して、女は意味不明な供述をしたため、東署は女を釈放し、保健所に引き渡した。保健所は、女を病院に入院させた。酒は飲んでおらず、今後医師が責任能力があるかどうか判断する。当て逃げされた被害者について、捜査関係者は「この女の家族に賠償請求することも可能ではないか」と取材に答えた。
関連記事:NON STYLE井上がタクシーに当て逃げ 刑事責任の可能性は?

■「てんかん事故」では逮捕・起訴

大きな被害を出したにも関わらず、「釈放され入院」という対応になった今回の事故。しかし、たとえば2011年、12年にそれぞれ栃木県と京都府で起きたてんかん患者が運転する自動車による死亡事故では、栃木県の運転手は逮捕・起訴された(京都府の運転手は容疑者死亡により不起訴)。検察は「故意」の立証を断念し危険運転致死罪は適用されなかったが、その後2014年に道路交通法が改正され、規制が強化されるきっかけとなっている。つまり、容疑者に肉体的な病気がある場合にも逮捕されるケースはあるということ。では、今回のように送検前に入院が選択されるのは、どのような場合なのだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 公務員 退職金
しらべぇの記事をもっと見る 2019年11月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「公務員 + 退職金」のおすすめ記事

「公務員 + 退職金」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。