私立鈴鹿高校から生徒が飛び降り死亡 教頭は「いじめ等はなかった」

私立鈴鹿高校から生徒が飛び降り死亡 教頭は「いじめ等はなかった」
(gyro/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)三重県鈴鹿市庄野町の私立鈴鹿高校で12日夜、この高校の男子生徒が校舎脇で倒れているのが見つかり、その後死亡した。しらべぇ取材班は、三重県警などから、詳しい話を聞いた。

■飛び降りの前に消防に…

県警によると、12日午後6時45分ごろ、男性の声で「鈴鹿高校です。飛び降りです」と119番通報があった。同午後6時50分ごろに消防が駆けつけたところ、校舎脇の地面に2年生の男子生徒(17)が制服姿で倒れているのが見つかった。病院に搬送されたが、全身を強く打っており、約1時間後に死亡が確認された。
関連記事:岐阜の高校2年生が教室内で自殺 教頭は「生徒の心のケアを充分に行う」

■教室内にスマホが

男子生徒は4階の教室から転落したとみられ、遺書などは見つかっていないものの、教室内には消防に通報した男子生徒のスマートフォンなどが残されていた。生徒のスマートフォンには、消防への発信履歴もあった。警察は、「生徒みずからがかけたのか。それとも誰かにかけさせられたのか」両面で捜査している。学校関係者や友人からの聞き取りも進めており、自殺と事件、両方を視野に捜査しているが、現段階では自殺の可能性が高いという。

■「原因が全くわからない」

鈴鹿高校の教頭によると、いじめアンケート等からこの生徒がいじめを受けていた事実は、全くないという。担任、学年主任、友人等から、学校もヒアリングを行っているが、何かに悩んでいた様子やトラブル等の話はでなかったとのこと。教頭は、「全く原因がわからない」と話す。学校は13日朝に、この件の生徒への説明を行った。動揺したり、ショックを受けてる生徒がいるという。そういった生徒のために、常駐している2名と県から紹介を受けた3名のスクールカウンセラーで、生徒の心のケアを行っていく方針だ。保護者説明会については、現在日程を調整中。県内の私立高校を監督する三重県の私学課は、取材に対して、「学校の要請を受けて、カウンセラーの紹介を行った。何かできることがあれば、協力していきたい」と述べた。

(文/しらべぇ編集部・おのっち

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。