小泉進次郎環境相が熱弁 「日本の砂浜9割消滅」「魚よりプラスチックゴミ多く」

小泉進次郎環境相が熱弁 「日本の砂浜9割消滅」「魚よりプラスチックゴミ多く」
フリーアナウンサーの滝川クリステルとの結婚・妊娠を発表した小泉進次郎環境相が11月29日、有楽町・国際フォーラムで開かれた「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2019」で基調講演を行った。同イベントは2016年から始まり、毎年、進次郎氏が基調講演を行っている。進次郎氏は開始早々、「ソーシャルイノベーションがもっとも必要な立場になりました。それが環境大臣。今日は『環境省にしかできないこと』をテーマにしたい」と切り出した。

■地球温暖化から気候変動・危機の時代へ

小泉氏は、日本では「地球温暖化」と訳される英語「グローバル・ウォーミング」は、「世界では今やほとんど聞かれなくなった」と話す。「むしろ気候変動、クライメット・チェンジ、この言葉を当たり前のように使いますが、この言葉ももう今年あたりから変わってきたと感じています。気候変動から気候危機、クライメット・クライシス。それくらいの機運が出てきています」と解説した。
関連記事:小泉進次郎衆院議員と滝川クリステルがまさかの結婚 「いよいよ入閣」との声も

■G20で日本が合意まとめる

気候変動の影響や環境汚染の影響で、現状では、2050年に海の中が魚より海洋プラスチックごみのほうが多くなるという。これは、今月開催される気候変動枠組条約の提案国会議『COP25』のテーマでもある。進次郎氏は、「この分野は、日本はいま先頭を走っていると言っても過言ではない」とし、G20大阪サミットで、2050年までに海に流出するプラスチックごみの追加的な汚染をゼロにする合意をまとめたことについて、日本の実績を語った。

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「小泉進次郎環境相が熱弁 「日本の砂浜9割消滅」「魚よりプラスチックゴミ多く」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    だからどうした?youは何をするために環境大臣になったのだ。いま何をしたいか、具体的に言えば協力するぜ。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。