市川海老蔵、襲名にあたり再婚話が 「核心に迫った会話に…」

市川海老蔵、襲名にあたり再婚話が 「核心に迫った会話に…」
拡大する(全2枚)
歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)が、12日に自身のブログを更新。再婚について、現在の心境を明かした。

■襲名にあたり再婚の話が

同日、朝のトレーニングの前に「81歳の大先輩とコーヒー時間」を過ごすことになったという海老蔵。20年5月、6月、7月の歌舞伎座で十三代目市川團十郎白猿を襲名することが公表されており、「さぞ大変だろう」と労われたという。その後、「再婚しないの?」とも問われたそうで、「えーーーー、しないっす」とブログでは即答している海老蔵。しかし、「團十郎となると、そうもいかないのでは?」と思っている節もあるという。
関連記事:海老蔵、息子・勸玄くんとともにダブル襲名 「天国の麻央さんもきっと...」と祝福の声多数

■「まだ難しいです。心が」

しかし、「まだ難しいです。心が、、と 朝から思いがけなく核心に迫った会話になりました、、」と改めて本音を吐露。世間体と自身の心の状態との間で葛藤があるようだ。続けて「やはり大先輩は核心にしかお話にならないのですごく刺激になります」と大先輩への感謝の思いを記している。

■忘れられない人はいる?

再婚について正直な心境を明かしたことに、読者からも「大先輩のお話も正しい、でも、海老蔵さんの『心』も正しい。この問題もすごくむずかしいですね」など、理解を示す声が多数寄せられている。また、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,537名を対象に実施した調査でも、全体で4割以上の人が「忘れられない人がいる」と回答した。
市川海老蔵、襲名にあたり再婚話が 「核心に迫った会話に…」
17年6月に小林麻央さんが旅立ってから2年半が経つが、海老蔵の中で麻央さんがどれほど大きな存在だったのかが、今回のブログからもうかがえる。これから先も、海老蔵が自身の気持ちに正直な選択ができることを願うばかりだ。

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1357名 (有効回答数)

この記事の画像

「市川海老蔵、襲名にあたり再婚話が 「核心に迫った会話に…」」の画像1 「市川海老蔵、襲名にあたり再婚話が 「核心に迫った会話に…」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Sirabeeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「市川海老蔵」に関する記事

「市川海老蔵」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「市川海老蔵」の記事

次に読みたい「市川海老蔵」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク