「希望してない食事代を払わないといけないのか」 給食費未納対策の実態とは

「希望してない食事代を払わないといけないのか」 給食費未納対策の実態とは
(XiXinXing/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)今、給食費未納家庭への教師の悲痛な叫びが話題となっている。しらべぇ取材班は、関係各所から話を聞いた。

■「給食費未納のまま卒業」

その内容は、給食費未納のまま卒業する一家がおり、言い分は 『給食はそちらが勝手に用意したものです。なぜ、希望もしていない食事の代金を払わないといけないのか理解できない。これは私の考えで子供には関係ないから、子供に対して何かしたら訴えます』 との主張。これで6年間払っていないといったものだ。こういった実態を、まず文部科学省はどう考えているのだろうか。
関連記事:年金未納者の実態が判明!20代の左利きが権利放棄してる?

■ガイドラインを策定

文科省の調査によると、学校給食費を未納している児童生徒の割合は、2016年度の全国平均が0.9%、2012年度も同じ数値で変わっていない。文科省は、この対策として「学校給食費徴収・管理に関するガイドライン」を策定し、2019年7月に公表。教師が給食費未納の家庭を回ったり、PTAの役員が徴収を行っている学校もあるため、給食費を公会計処理化するように求めている。つまり、給食費の徴収を自治体の責任で行ってもらい、多忙化が問題となっている教師には本来の教えるという業務に集中してもらおうというもの。では、現場の実態はどうなっているのだろうか。

■児童手当から徴収も

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「希望してない食事代を払わないといけないのか」 給食費未納対策の実態とは」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    虐待親、ネグレクト親、学校でだけまともな食事ができるこどもがいる。児童手当から徴収するのはいいね。親が児童手当をパチンコで使ってしまうこともない。きちんとこどものために使われるべきだ

    1
  • 匿名さん 通報

    給食を食べさせなければいいだろ。 今は給食費未納の親に対して給与差し押さえなどの措置が比較的とりやすくなったって他の記事でみたから、教員に余計な仕事させずにすぐに裁判おこせよカス。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「総務省」のニュース

次に読みたい関連記事「総務省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュース

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。