南キャン山里、猛省 出演の『ひねくれ3』制作陣に「不満を言い過ぎた」

南キャン山里、猛省 出演の『ひねくれ3』制作陣に「不満を言い過ぎた」
19日深夜放送『水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で、南海キャンディーズ山里亮太レギュラーを務める『自慢したい人がいます ~拝啓ひねくれ3様~』(テレビ東京系)について言及。これまで同番組の内容が2転3転してきた原因が、自分たち出演陣が「不満を言い過ぎた」からだと分析し猛省した。

◼『ひねくれ3』とは?

乃木坂46秋元真夏を進行役に迎え、山里とハライチ岩井勇気三四郎小宮浩信ら芸人界屈指のひねくれ者が集結したのが『ひねくれ3』。当初は「各界の成功者を招き、ひねくれた目線でトークをする」番組だったのだが、制作側はリニューアルを重ねてきた。番組名も『自慢したい人がいます』に変更し、街行く人に「自慢したい人を聞き、実際にどんな人か深堀り調査する」企画に。これに山里や岩井はラジオを通じて不満を口にする。この日の放送では同話題に言及し、「制作側に不満が届きすぎた」と山里は反省した。
関連記事:ハライチ岩井、番組への不満漏らす乃木坂46・秋元真夏に説教 「後輩だろ」

◼番組への不満

「最初は何かを成し遂げた人がゲストで来て、ひねくれ目線で色々ツッコむ。ひねくれた自分たちの持ち味を使った、そういう番組だった」ため、ラジオに力を入れている山里らは「僕らも楽しみだったし、リスナーも期待してくれていた」と振り返っていく。しかし「ある時から急に街の人のインタビューをとってさ、『自慢したいものありますか?』なんて聞いて」、番組内容が大幅にリニューアル。自分たちは変わらずにひねくれた目線でVTRを鑑賞していたが、「『自慢の柿』を紹介されたときに、俺と小宮と岩井の心が折れる音がした。『柿にどうひねくれたらいいんだ』ってなった」と明かす。関連記事:

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「南海キャンディーズ + 山里」のおすすめ記事

「南海キャンディーズ + 山里」のおすすめ記事をもっと見る

「南海キャンディーズ + 山里亮太」のおすすめ記事

「南海キャンディーズ + 山里亮太」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「FUJIWARA」のニュース

次に読みたい関連記事「FUJIWARA」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 南海キャンディーズ 山里
  2. 南海キャンディーズ 山里亮太
  3. 南海キャンディーズ 山里結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。