『水ダウ』登場のピン芸人、血を見て爆笑するなど予想外のリアク...の画像はこちら >>


19日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、ピン芸人のゴスケが出演。予想外のリアクションを連発して視聴者の話題を集め、ダウンタウン・浜田雅功らスタジオ出演者も困惑させた。


 


■人が消えるドッキリも…


ゴスケは今年1月放送の「説教の達人 第2弾」にターゲットとして登場したところ、独特のキャラクターで話題をさらったピン芸人。今回は「病院で目覚めたとき誰もいなくなってたらだいぶおっかない説」のターゲットになった。


検査を受けに来たゴスケがベッド眠ると、それまで病院内にいた医師や看護師・患者らは忽然と姿を消してしまう。誰もいない病院でただ1人取り残されたが、ゴスケはパニックになることなく、むしろ笑みをこぼしていく。


 


関連記事:マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR


■スタジオ困惑のリアクション


その後も満面の笑みで「誰もいねぇな」と院内を徘徊していき、スタジオでVTRを見ているホラン千秋や浜田らは「これはこれで怖い」など、予想外のリアクションに困惑していく。


ナレーションでも「こちらの仕掛けを上回る恐怖のリアクション」と言われてしまい、浜田も「ホンマや」とポツリ。


ここで、以前の登場時に松本人志が「ゴスケは本当に人殺してんねん」と冗談を飛ばした映像も流され、テロップでも「快楽殺人疑惑の男」とさらにイジられていった。


 


関連記事:松本人志、浜田雅功を”あの件”でイジる 「フレンチクルーラー持ってこい」


■血溜まりを見て爆笑


ゴスケはその後もひたすら院内を探索し、「すいませーん」「いませんよね?」などと各部屋を回ったが、人っ子一人いない。しかし、決して怖がったりうろたえる様子もなく、手術室に残された血溜まりという恐怖の仕掛けも、見て爆笑するというリアクションを見せた。


こうしたリアクションの連続に、プレゼンター役のニューヨーク・嶋佐和也は「恐怖のあまりの笑顔じゃないんですかね?」とコメント。その後は、人が戻るもこちらに一切反応せず、ゴスケの姿が見えていないという仕掛けも加わる。


 


関連記事:藤本敏史、『水ダウ』仕掛け人として“ありえないミス” 大ブーイングに


■浜田も「こっちが仕掛けてんのになぁ」


すると、ゴスケは「すいませーん」と同じ調子で連呼し、ナレーションは「別パターンの怖み」とさらに困惑する。浜田も「こっちが仕掛けてんのになぁ」とつぶやき、検証結果も「ゴスケに注意」で締めくくられた。


VTR後も、ゲストのコスプレイヤー・えなこが「絶対怖いはずなのに、ここまでビビらない人います?」と困惑するなど、とにかく予想外のリアクションを連発したゴスケ。


視聴者からも、「あまりにリアクションが狂気で面白いんですが(笑)」「ゴスケさんという逸材を発見した水ダウ凄いわ」「ある意味逆ドッキリ」など、同様の反応が上がった。


(文/Sirabee 編集部・玉山諒太