左目を失った女性アーティスト、義眼をカメラに換装してくれるエンジニアを募集中

       

STD_AFX 曰く、

アメリカの新聞社”Daily News”のサイトから。

自称「SFおたく」の女性アーティストが、義眼をカメラとして機能させるべく、エンジニアを募集中です。

アレゲな募集を始めたのはサンフランシスコ在住のターニャ・ ヴラフさん(35)。
3年前に交通事故で左目を失った彼女は、形成手術を受けるとともに失った目のかわりにアクリル製の義眼を入れていたのですが、この義眼にカメラを仕込み、まばたきを通じて操作することでズームや動画・静止画の撮影を行い、外部のメディアに記録させるというアイデアでエンジニアを募っています。

彼女のアレゲ魂はそこにとどまることなく「赤外線暗視カメラ、あるいは映画のプレデターのようなサーモビジョン、X線カメラでもいいわね」と言う提案まで飛び出しているのですが、専門家によると「眼球の大きさのカメラは技術的にでも装着可能である」とのこと。

Intelのロイ・ワントさんは「ターニャさんのアイカメラに写った画像をiPhoneなどのスマートフォンで安価に制御と転送を行うこともできる」と考えているようです。

スラッシュドットのコメントを読む |スラッシュドットにコメントを書く | テクノロジー

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年11月20日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。