日本IBM、委託先社員PCからShareネットワークに流出した個人情報の削除に着手

       

Anonymous Coward曰く、

日本IBMは、11月20日、神奈川県教育委員会から受託していた授業料徴収システム関連の約11万件の個人情報がShareネットワーク上に流出した事故に関して、Shareネットワーク上で検索及び入手可能な状態にあるデータを削除する方法を確認し、その実施計画に着手すると発表した。(プレスリリース)。

個人情報の流出元は業務委託先社員が所有するPCで、このPCには県立高校の生徒の個人情報を含むシステム関連情報が保存されていたほか、Winnyがインストールされており、かつウイルスに感染していたことが確認されている(Internet Watchの記事)。

スラッシュドットのコメントを読む |スラッシュドットにコメントを書く | IBM | 情報漏洩

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年11月25日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。