携帯絵文字のUnicode化、Googleも協力

       
現在、Unicode Consortiumで日本の携帯電話で使われる絵文字をユニコードの文字として共通符号化しよう、という提案が進んでいるそうで、これにはGoogleも協力を行っているそうです。

Google Japan Blogの「絵文字のユニコード符号化: 符号化提案用のオープンソースデータ」によると、

現在、日本の携帯絵文字の全てをユニコードの文字として共通符号化しようという提案が進行しています。そのためには、現在使用されている絵文字のうちどれが既にユニコード符号化されているか、新しく符号化しなければならない絵文字はどれかなどを調査する作業が必要です。この提案を支援する目的で、私たちが提案している絵文字のマッピングや変換表、更に絵文字データからHTMLの表などを作成するのに役立つツールなどを 「emoji4unicode 」という名前でオープンソースプロジェクトとして公開します。 これによりユニコード コンソーシアムの他のメンバーとの協力を強め、携帯電話会社、更に携帯絵文字に関心のある皆様からフィードバックをいただければ幸いです。
とのこと。また、CNET Japanの記事によると

絵文字はもともと日本の携帯電話会社が固有のものを使っており、異なる通信会社同士で絵文字を送り合うことはできなかった。現在では各キャリアが協力して、お互い似たような絵文字がある場合には、変換して表示している。グーグルはこれを拡大し、絵文字をユニコードとして標準化することで、どの通信事業者間で送った絵文字も同じように表示される世界を実現したいという。さらに、「検索エンジンで絵文字を探せば、結果が返ってくる」(グーグル ユニコードソフトウェアエンジニアのMarkus Scherer氏)ようにもしたいとのことだ。
とのことだ。flashの日記 曰く、

GoogleとしてはGmailに限らず、インターネット全体で携帯絵文字がネイティブに使えるようにしちゃおうという意向をもっているらしい。これは、そのためのツールなどをフリーで提供するという趣旨の記事である。個人的には、まずその「日本の携帯絵文字をユニコードの文字として共通符号化しようという提案が進行して」いること自体にびっくりした。

このような記事(引用)をみると、日本独自の「文化」は、やはりそれなりの魅力を持っているとも言えるかもしれない。とも思う。もちろん、日本語ユーザの経済的影響力が、けっこう強いという言い方もできなくはないですが。ユニコードとして携帯絵文字が「輸出」されれば、非日本語圏でも、「汗」とか「ハートブレク」とかがぼんぼん出てるようなデコラティブな文章が出回るかもしれないと思うと、それは、ちょっとわくわくする。

スラッシュドットのコメントを読む |スラッシュドットにコメントを書く | Google | 携帯電話

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年11月28日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。