慶應SFCのWebサイト、Flashに依存した形にリニューアルして酷評される

あるAnonymous Coward 曰く、

SFC研究所の加藤文彦氏が自身のblogにて、慶應大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)のWebサイトリニューアルを酷評している。

慶応のSFCと言えば、WIDEの村井先生の根城でもあり、そもそもWebの標準化を担うW3Cのホスト役でもあるわけだが、加藤氏によれば、今回リニューアルされたSFCのサイトが、アクセシビリティ、Flashの使用、速いPCのみ対象、SEO、ユーザビリティの5点で問題があるということだ。該当のサイトを見てもらえば分かるのだが、flash作品としては良く出来ているように見えるものの、情報は大変に探しにくいページとなっている。

灯台下暗しということでしょうかね。

このWebサイトリニューアルには学内外からも多くの意見が出たようで、慶應SFC側はリニューアルサイトに関する対応についてという発表を出し、リニューアル前のHTML版旧サイトを暫定的にhttp://www-old.sfc.keio.ac.jp/というドメインで復活させるという対応を取っている。しかし、旧サイトをほぼそのまま別ドメインにコピーしただけのため、一部リンク切れが発生しているようだ。

スラッシュドットのコメントを読む |スラッシュドットにコメントを書く | インターネット

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2008年12月22日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。