「初対面でも話しやすい雰囲気を作る」システム、NECと慶應大が開発

あるAnonymous Coward 曰く、

NECが2月27日、初対面でも話しやすい雰囲気を作り出すシステムを開発した」と発表した。このシステムは慶應大学との共同実験で有効性が確認されたという。

このシステムは、イベントスペースなどに配置されたディスプレイに、そのディスプレイの近くにいる人の情報を表示する、というもの。ユーザーには赤外線を使用した測位装置を内蔵した名札を付けてもらい、これによってディスプレイの近くにいる場所を検知、その人のアバターやプロフィールなどを表示して話題作りに役立てるシステムだそうだ。また、ディスプレイはタッチパネルになっており、タッチ操作でプロフィールを交換したり、プロフィール交換履歴などを管理する機能もあるそうだ。

正直なところ名刺交換で問題ないと思うのだが、まず最初に知らない人に話しかけるのがおっくうな人たちにとっては話しかける前に相手の情報を知ることができる、というのは便利かもしれない。しかし、それにしてはちょっと大がかりな気もするが……。

スラッシュドットのコメントを読む |スラッシュドットにコメントを書く | テクノロジー

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2009年3月2日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。