ISSの乗組員、デブリ衝突の恐れで脱出カプセルに一時避難

capra 曰く、

NASAは米国時間12日、国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙ゴミ(スペース・デブリ)が接近したため、乗組員3人がISSにドッキングしている「ソユーズ」の脱出カプセルに一時避難していたことを発表した(読売新聞時事通信本家記事ほかより)。

ISSに接近したデブリの大きさは直径13cm程で、秒速8.8kmで地球を周回しており、ISSに衝突した場合、大きな被害を受ける恐れがあった。NASAは11日にISSから4.5km以内にこのデブリが接近することを検知したが、ISSを移動させて衝突を避ける時間がなかったため、乗組員は緊急脱出用のソユーズに9分間避難したとのこと。問題のデブリは初期のシャトル打上げで使用された部品とみられている。

ちなみに、デブリ回避のためのISSの移動は年に1回の頻度で行われているとのことで、またソユーズへの避難は過去に少なくとも5回は行われているそうです。

スラッシュドットのコメントを読む |スラッシュドットにコメントを書く | 宇宙

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2009年3月14日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら