米国人が2008年に消費した情報は3.6ゼッタバイト

あるAnonymous Coward 曰く、

米国人が2008年の1年間に消費した情報量は3.6ZBだったそうだ(本家/.The New York TimesマイコミジャーナルITproより)。

平均すると、米国人1人あたり毎日34GBのコンテンツと単語10万語に及ぶ情報を消費しているとのこと。とはいっても10万語全てを読んでいるわけではなく、24時間の間に読み聞きする単語量が10万ということだそうだ。

また、1日平均のべ11.8時間ほど情報消費に費やしているとのこと。TV関連の情報消費は平均4.5時間超、コンピュータでは平均2時間ほど時間を費やしているという。他にも電話やラジオ、音楽や印刷物などからの情報もあり、複数の媒体を並行して消費していることも多いとのこと。

情報消費量が増え続けている媒体はTVゲームであり、反対に印刷媒体の情報消費は落ち続けているがネットサーフィンの時間を考えると米国人は過去最も文章を読んでいると言えるそうだ。

カリフォルニア大学サンディエゴ校のGlobal Information Industry Centerによるこのレポートはサイトにて閲覧およびダウンロード可能。

スラッシュドットのコメントを読む |スラッシュドットにコメントを書く | 教育 | 娯楽 | アメリカ合衆国

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2009年12月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。