ECMAScript 第5版 承認

sekia 曰く、

Publickeyのエントリで知ったが、 ECMA-262第5版の仕様策定が完了した(ECMA Internationalの発表)。仕様書はECMA InternationalのWebページからダウンロードできる。

1999年発行の ECMA-262第3版以来、実に10年ぶりの新規格である(第 4版は欠番)。 ECMAScriptの新規格策定においては、 Microsoft/Yahooが主導するマイナーチェンジとバグフィックスが主のECMAScript 3.1と、 Adobe/Mozilla/Opera/Googleが主導する野心的な機能拡張である ECMAScript 4の間で対立があったが、ECMAScript Harmonyと呼ばれる統合計画によって ES3.1をベースに ES4のサブセットを取り込む形で両者が合意した経緯がある。

プレスリリースで触れられている主だった新機能は次の通り:

  • アクセサプロパティ
  • オブジェクトのreflective creation (反映的生成?)とイントロスペクション
  • プロパティ属性のプログラム制御
  • 追加的な配列操作関数
  • JSONのサポート
  • エラーチェックとセキュリティを拡張するstrictモード

主要ブラウザベンダの多くが策定プロセスに参加しており、早期の導入が期待できるだろう。また、本規格はファストトラック制度を用いてISO/IEC JTC 1にも提出されるとのこと。

本家でも取り上げられている。

スラッシュドットのコメントを読む |スラッシュドットにコメントを書く | インターネット | プログラミング

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2009年12月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。