Microsoft、「Bingは商標権侵害」としてミズーリ州の「Bing!」社から訴えられる

あるAnonymous Coward 曰く、

マイクロソフトの検索エンジン「Bing」が商標権を侵害しているとして、米ミズーリ州のBing! Information Design社が訴訟を起こしたそうだ(本家/.CNET Japanの記事)。

Bing! Information Designは「難解で定義しづらいコンセプトを単純で理解しやすいアイデアに要約することを専門」にしている小さな情報デザイン企業であるそうだ。同社は「Bing!」という名称を2000年から使用しており、マイクロソフトに対し商標権侵害、不当競争と事業成長の妨害を訴え賠償金を請求しているそうだ。なお、賠償金には「引き起こされた混乱を正すための訂正広告費」も含まれているとのこと。

マイクロソフトの広報はArs Technicaの取材に対し「この訴訟に何らかの利益があるとは考えておらず、またマイクロソフトのBingと原告の製品との間で市場における混乱は起きているとは考えていない」と述べたそうだ。

ちなみにBing! Information Designのサイトは、検索エンジンBingとはどう見ても似ていない。

スラッシュドットのコメントを読む |スラッシュドットにコメントを書く | 法廷

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2009年12月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。