世界初? 米国でセックスロボット「Roxxxy」が発表される

あるAnonymous Coward 曰く、

米ラスベガスで開催されているアダルト展示会「AVNアダルト・エンタテインメント・エキスポ」にて、世界初のセックスロボット「Roxxxy」が発表された(写真入りAFPBB News本家/.記事より)。

開発期間約2年半、およそ50万~100万ドルかけて開発されたというRoxxxyは身長170cm、体重は54kgという少々外国人向けの仕様となっているようだ。皮膚は人工合成皮膚でできており、関節や骨格もあり、胸はCカップとのこと。さらに、Roxxxyは人工知能も備えており、「ワイルドな性格」や「つつましやかで恥ずかしがりな性格」また「若くて傷つきやすい性格」や「母性的な性格」、またさらに大胆な「S&M的な性格」の5つの性格が搭載されているという。触れれば感じるだけでなく、会話したり睡眠をとったり、人間味に溢れているそうだ。

Roxxxyは開発を手掛けたTrueCompanion社から購入できるとのことで、価格は機能によって異なるが1体約7000~9000ドル(約65~84万円)とのこと。人種や髪の色や胸の大きさなどをカスタマイズでき、購入時にアンケートに答えることで理想的な「パーソナリティ」が搭載される。Roxxxyには無線インターネット通信機能が搭載されており、ソフトウエアアップデートやテクニカルサポートも受けられる。またRoxxxyからメールを受け取ったり、他の購入者たちとRoxxxyの「パーソナリティ」をオンライン交換することもできるという。

なお、TrueCompanion社の創業者は以前ベル研究所で人工知能を研究していたDouglas Hines氏とのこと。Hines氏曰く「彼女はそうじ機もかけられないし、料理もできない。けれど、『あっち』の方はほとんど万能」とのこと。開発にあたっては人間らしさの再現に注力したとのことで、Roxxxyは「個性を持った伴侶」であるとのことだ。

同社は男性型ロボット「Rocky」も開発しているそうです……。

スラッシュドットのコメントを読む |スラッシュドットにコメントを書く | 変なモノ | ロボット

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2010年1月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。