一年中花を咲かすサクラの新品種、理化学研究所が開発

       

あるAnonymous Coward 曰く、

理化学研究所(理研)が、「一年中花を咲かす」という桜の新品種を開発したそうだ(理研のプレスリリース)。

桜は春だけに花を咲かすものだが、理化学研究所では重イオンビームの「炭素イオン」を山形13系敬翁桜に照射、野外栽培では春と秋の二季、温室栽培ではいつでも花が咲く四季咲き桜の新品種を作り出すことに成功したそうだ。

この桜は「仁科乙女」と命名され、すでに品種登録済み。理研では「地球温暖化にも耐え、南方でも咲くサクラとして私たちに新たな楽しみを与えてくれます」としている。

スラッシュドットのコメントを読む |スラッシュドットにコメントを書く | バイオテック

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年1月19日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。