オンラインでの書籍違法コピーによる損失が30億ドルにも上るとの米国調査結果

       

あるAnonymous Coward 曰く、

米Attributor社が、オンラインでの書籍の「海賊行為」によって30億ドルもの損害が発生しているとの調査結果を発表した(Internet Watchの記事)。

 Attributorでは2009年10月から90日間にわたり、統計を公開している4つのダウンロードサイト(4shared.com、scribd.com、wattpad.com、docstoc.com)における、書籍913作品の違法ダウンロード状況を監視。計320万回のダウンロードがあったことを確認した。

とのことで、調査対象とした4つのダウンロードサイトのシェアを考慮すると25の主要ダウンロードサイトから違法ダウンロードされた回数は約900万件以上、Amazon.comの小売価格に基づくと合計約3億8000万ドルもの損害が発生していると見積もられたそうだ。

いままで書籍の違法ダウンロードはあまり注目されていなかったが、電子書籍の普及により日本でも注目されるようになるかもしれない。

スラッシュドットのコメントを読む |スラッシュドットにコメントを書く | 著作権

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年1月21日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。