シロアリの女王フェロモンが特定される。駆除剤への応用も期待

LARTH 曰く、

日本経済新聞の記事によると、岡山大の松浦健二准教授らが、シロアリの「女王フェロモン」の正体を突き止めたそうだ。

シロアリの巣では女王が卵を産んで子孫を増やし、働きアリはエサ運びや幼虫の世話などに徹する。女王が出すフェロモンが、働きアリが卵を産めるようになるのを妨げると考えられている。女王が死ぬとフェロモンの効果がなくなり、働きアリの一部が女王になるとされるが、フェロモンの正体は不明だった。

とのことで、人工的にこれを合成して実際に繁殖を抑えることにも成功したとのこと。効果的なシロアリ駆除剤の開発につながる可能性もあるという。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | サイエンス

あわせて読みたい

スラドの記事をもっと見る 2010年7月8日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。