WiFi 上で他人のログイン情報を盗む Firefox の拡張機能が公開される

Honey Pod 曰く、

暗号化の不十分な WiFi 上で TwitterFacebook などのアカウントが容易に乗っ取られ得ることを実証する Firefox の拡張機能「Firesheep」をセキュリティ研究者 Eric Butler 氏が先週末、Toorcon 12 にて公開した (engadget 日本版の記事ITmedia News の記事より) 。

記事中でも指摘されているように、これは従来から放置され続けてきた「SSL のログイン、または、強い暗号を使っていないWebサイト」の問題であり、盗聴するクライアントが何で実装されているかは本質ではないし、警鐘が鳴らされるのも初めてではない。しかし今回の機能拡張とコードの公開を機に、本格的な対策が急務となってしまうことはもはや避けられないだろう。

危険性を抱えたまま放置されていた方が良かったか、混乱と引き換えに対策を強要される方がましなのか、/.J の諸君はどう思われるだろうか。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | セキュリティ

あわせて読みたい

気になるキーワード

スラドの記事をもっと見る 2010年10月28日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュース

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。